お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

とにかくケチ! 「収入コンプレックス」をもつ男の特徴6

ファナティック

彼が自分の収入にたいして劣等感を持っていると、それが原因でケンカになってしまうこともあるもの。そこで今回は、収入コンプレックスを持つ男性の特徴を、女性陣に聞いてみました。

お金がないが口癖

・「『お金あまりなくてゴメン』とか言いまくってるのがウザい!」(33歳/その他/その他)

・「『お金がない』と口癖のように言われると一緒にいても楽しくない」(25歳/その他/その他)

お金がないのはわかっているのに、何度もお金がないといわれると、さすがにイラッとしますよね。一緒にいても、いつもお金のことばかり考えなくていけませんものね。

趣味にはお金を使う

・「お金がないお金がないと常に言うくせにパチンコなど自分の趣味にはお金を使う」(24歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「自分の趣味は金を出すのに、デート先で吉野屋はない」(26歳/その他/その他)

自分の趣味には湯水のようにお金を使うのに、デート代は節約しようとする姿を見ると、ウンザリしそうですよね。本当にお金がないのか、疑問に感じてしまうかも。

収入の差を何かという

・「お前のほうが収入が多いってなにかにつけ収入の話をしてくる」(28歳/食品・飲料/その他)

・「お前の方が稼いでるんだから、って事あるごとに言ってくる。日常生活でお金を出させるあげく、お小遣い頂戴とまで言ってきてプッツン」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

彼女のほうの収入が多いと、少し気まずい部分もありますよね。とはいえ、それをあてにしようとする男性は、プライドもないかもしれませんね。

割り勘を求められる

・「ご飯に行っても毎回必ずきちんと割り勘を言い渡す人」(33歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「一円単位で割り勘にされたり、細かいのがなくて多めに出したのにお釣りをくれなかった」(27歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

お金がないからといって、何ごとも割り勘を求められると、食事に行くのも嫌気が差してくるのでは。誕生日などのイベントのときも、あまり期待できそうにないですよね。

ケチが多い

・「やたらケチ。低収入だから仕方ないにしろケチな男は嫌です」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「収入が低いのでケチで付き合いが悪い」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

低収入のことがコンプレックスな男性ほど、ケチになってしまうものかもしれません。もともとケチなのか、それとも収入面を考えてのケチなのかで、性格が変わってきそうですね。

お金をたかってくる

・「給料が低いから、金がないからと言ってすぐたかりにくる。ただ無駄遣いしてるだけのくせに」(26歳/その他/その他)

・「食事代、生活費等々までこちらが支払っているとうんざりします。最低限の生活費だけは、自分でお願いしたい」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

収入が低いからといって、デート代などの支払いを女性に求めてくるのは、また話がちがいますよね。男性としてのプライドが低いだけなのではないでしょうか。

まとめ

低収入を気にしているからといって、彼女にもお金の苦労を求めてくる男性も多いようです。本当にコンプレックスであるならば、仕事にがんばって取り組んでみたり、転職を考えてみたりと、自分から変えることはできそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月1日~11月4日
調査人数:277人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE