お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「君の名は。」かよ! 生まれ変わったら、男子になりたい女子30.5%

ファナティック

学生女性のみなさんは、日々のふとした瞬間にこんなとき自分が男性だったら……と思うこともあるかもしれませんね。次に生まれ変わったら、絶対に男性になってやる! と思う人もいるのではないでしょうか。女性のみなさんは、生まれ変わったら男性と女性のどちらになりたいですか?

Q.生まれ変わったら、「男性」と「女性」どちらになりたいですか?

・男性……30.5%
・女性……69.5%

およそ7割近くの女性は、生まれ変わっても女性になりたいと答えたようです。みなさん、それぞれどのような意見だったのでしょう。

<男性>

■仕事を頑張りたい

・「仕事が元々嫌いじゃないので。バリバリしたい!」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事に打ち込むことができるから」(26歳/自動車関連/技術職)

仕事に思いっきり打ち込みたいと思うなら、男性に生まれ変わりたいと思うのではないでしょうか。一度は自分の力だけで勝負してみたいと思いますよね。

■女性は経験したから

・「女性は経験したので、男性だとどんな感じか経験してみたい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「女性は今やってるので、次はちがう人生がいい」(28歳/金融・証券/営業職)

今現在、女性なので、次は男性になってみたいと思う人もいるようです。一度経験しているものより、未知の世界をのぞいてみたいものですよね。

■男性を経験してみたい

・「男性になってイロイロ経験してみたい!」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「男性の一生を試してみたい。女性とは全くちがうだろうから経験したい」(28歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

男性として生きることに興味を示している人もいるようですね。男性になると、どんなことができるのだろうと思うと、ワクワクしますよね。

<女性>

■女性のほうが楽だから

・「仕事が楽だし、化粧したり女子会をしたりするのが楽しいから」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「女性のほうが断然、人生が楽だから、仕事は適当にやってても何も言われないし、いい年して非正規だったり恋人が居なくても男性ほどうるさく言われないし」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

何だかんだいっても、女性のほうが男性よりは楽をできる部分も多いかもしれませんね。男性は何をしていても、すぐに責任を問われますものね。

■オシャレができる

・「お化粧したりオシャレが楽しいから」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「女の子のほうがオシャレとか色々楽しい」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

メイクやファッションを楽しめるのは、女性ならではの特権といえそうですよね。キレイに着飾って褒められるのは、女性だけですものね。

■得しそう

・「女性のほうが得することが多い気がするから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「何だかんだで優遇されているし、色んな生き方ができるので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

何をするにも女性が優遇されていることは多いですものね。「レディースデー」はあっても、「メンズデー」はまず聞きませんものね。

まとめ

いろいろ比較した場合、女性で生きるほうが何かと得なことが多いと思う人は多いようですね。女性だからといって軽視されることはあっても、男性と同じような能力をのぞまれることは少ないですものね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数151件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE