お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ウソだろ!? 彼女に「寝るなよ」と思うとき6選

ファナティック

大好きな彼といると、つい心地よくなってしまい眠くなってしまうときもありますよね。しかし、時と場合を考えないと、無神経だと彼に思われてしまう場合もあるようです。いったいそれはどのようなときなのでしょうか?

<彼女に「寝るなよ」と思うとき>

■映画館での映画鑑賞

・「映画館で映画を見ているときは寝ないでほしい」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「彼女自身で観に行きたいと言った映画を映画館で見ている途中で寝たとき」(36歳/その他/その他)

映画館へ行って映画を観るはずが、気づけば隣で彼女が寝ていたら、彼も思わず「寝るなよ」と突っ込みを入れたくなってしまうかもしれませんね。しかもそれが、彼女のリクエストだったとしたら、なおさら気分も悪くなりそうです。

■ドライブデートの運転中

・「ドライブ中に寝られると、つまらないから」(36歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「ドライブ目的でデートしてる助手席で寝られたとき。せっかくコースまで考えたのに連れて行くかいがない」(35歳/医療・福祉/その他)

ドライブで助手席に乗っていると、睡魔に襲われてしまうこともありますよね。運転を担当してくれている彼からすると、彼女に寝られてしまうと、やはり複雑な気持ちになるようです。寝るのは「寝ててもいいよ」と言ってくれたときだけにしたいですね。

■お泊まりでのデート

・「お泊まりデートでする前に寝るなよ」(33歳/情報・IT/技術職)

・「旅行で泊まりに行った先で早くに寝る」(34歳/金融・証券/専門職)

彼女との旅行やお泊まりデートとなると、彼もやはり期待していることがあるでしょう。しかし、何もせずに彼女が寝てしまったら、彼も思わず「どうして?」と嘆いてしまうかもしれません。

■電話中で話しているとき

・「電話中にいきなり寝てしまったとき。対応に困る」(39歳/自動車関連/技術職)

・「電話しているとき。こっちが熱心にしゃべっているから」(35歳/学校・教育関連/営業職)

夜は、恋人と電話するというカップルもいるのではないでしょうか? ベッドの中に入って長電話などをしてると、ついつい寝てしまうこともあるかもしれません。しかし、彼が真剣に話をしているときは、やはり何も言わずに寝られると思わず突っ込みたくもなるのかもしれません。

■これから……というとき

・「せっかくホテルまで行ったのに疲れて眠たいと言いだす」(38歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「これから本番というとき」(38歳/建設・土木/技術職)

ホテルなどへ行ったにもかかわらず、これからというタイミングで寝られると男性は納得できない気持ちになってしまうかもしれません。「寝るならどうして?」と思わずにいられないでしょう。

■会って話をしている最中

・「人が話をしているときに、疲れ切ってウトウトしている表情を見たとき」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「人が話をしている途中。聞いてほしいのに、つまらなかったのかよと傷つく」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

直接顔を合わせて話をしているときに、彼女が眠ってしまうとさすがにショックを受けるよう。自分の話はそんなにつまらなかったのかと、憤りを感じてしまいそうですね。

<まとめ>

眠くなってしまうタイミングはさまざまですが、このように眠ってしまうとまずいというタイミングが存在します。場合によっては、彼の機嫌を損ねてケンカへと発展してしまうこともあるため、注意が必要です。どうしても眠いときは、彼に許しをもらってからのほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月1日~2016年11月2日
調査人数:258人(22~39歳の男性)

※この記事は2016年11月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE