お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絶対アウトだろ。それ…… 男子が後悔する恋愛しくじりエピソード

ファナティック

妊婦さん何度も恋愛を重ねていくことで、恋愛経験値を高めていくことができますよね。失敗を繰り返したことで、恋愛をマスターしていくことができるのではないでしょうか。恋愛において「あれは、しくじったな」と思うエピソードを、男性に暴露してもらいました。

告白できなかった

・「好きな人がいたけど、告白に踏み切れなかったこと」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「ダメかもしれないけどとりあえず告白しておけばよかったと思う」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

好きな相手がいても、自分から告白する勇気をもてなかった男性もいるよう。告白してもうまくいったかどうかは分からないにしても、せめて気持ちだけは伝えておきたかったと後悔しているようですね。

忙しすぎてすれちがった

・「仕事が忙しすぎて、彼女をほうっておいてしまい、別れることになったことがあること」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「忙しそうだからと、ちょっと放っておいてあげたら、いつの間にか関係がぎくしゃくしてしまったこと」(37歳/情報・IT/技術職)

お互いに仕事が忙しすぎてすれちがってしまうと、それが原因で別れてしまうこともあるもの。何であのときに、もう少し話をしなかったんだろうと、後になって悔やみますよね。

外見のことを言ってしまった

・「ずけずけ外見のことを言いすぎた」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「彼女の体型について触れてしまったこと」(24歳/運輸・倉庫/その他)

いくら恋人同士とはいえ、相手の欠点をけなすのはNGですよね。つい彼女が気にしていることをズバリ言ってしまうと、当然ケンカの原因となってしまいます。

割り勘を求めた

・「割り勘にしてしまった」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「日帰り旅行の帰りの帰宅中に、お金を払ってほしく当時付き合っていた彼女に請求っぽくもらいたい旅行のお金の額を言ってしまい、雰囲気を悪くしてしまったとき。”しくじった……”と今でも思ってます」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

お互い仕事をしているとはいえ、男性から露骨に割り勘を求められると、萎えてしまう女性も多いのでは。特別なときほど、ガッカリしてしまいますよね。

告白を失敗した

・「女友だちをデートに誘って帰り際に告白してはぐらかされたが、タイミングが早かったと思う」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「先走って告白して失敗したケースはありましたね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

相手もその気があると思って告白してみたものの、見事に振られてしまったという男性も。もう少しタイミングを見計らえば、もしかしてちがう結果になったかもと思うのでしょうね。

振ってしまった

・「あのとき贅沢なことを考えずにOKしておけばよかった」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「告白されてはっきりしなかったこと。付き合っておけばよかったと後悔ばかりです」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

女性から告白されて、断らなければよかったと、後悔している男性もいるようです。理想が高すぎると、身近な女性のよさが分からないこともありますものね。

まとめ

恋愛のいろんな場面で、しくじった経験のある男性がいるようですね。後悔しても、その瞬間を取り戻すことはできないもの。同じ失敗をしないように、経験値を積んでいきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数91件(22歳~40歳の働く男性)

※この記事は2016年11月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE