お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

幸せでごめんなさ~い♪ 「勝ち組だな」と思う瞬間・6選

ファナティック

周囲の人より幸せになりたいと思う気持ちは、決して悪いことではありません。とはいえ、あまりガツガツしていると、まわりに引かれてしまうこともあるので、なるべく控えめにしたいもの。そこで今回は、実は心の中で「勝ち組だな」と思っている瞬間を、女性に本音で語ってもらいました。

<「勝ち組だな」と思う瞬間>

■結婚したこと

・「結婚できたし、旦那が家事をできる人だから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「結婚して幸せに暮らしていること」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

結婚したことで自分は勝ち組だと実感している人もいるようです。結婚したいと思っても実らない人もいるので、口に出さないほうがよさそうです。

■仕事をしていること

・「仕事がうまく言ってるときとかに感じる」(26歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「仕事はやりがいがあって、給料もそこそこなので」(26歳/医療・福祉/専門職)

最近では就職が決まらず、フリーターやアルバイトで生計を立てている人もいるもの。そんな人に比べると、仕事をしているだけでも勝ち組と思えるという人も多そうです。

■彼氏がいること

・「ステキな彼氏を見つけることができたとき」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「彼氏と幸せに過ごしているとき。彼がいてくれてよかったなと思うから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

彼氏を見つけることができたとき、勝ち組になれたと思うかもしれません。いつもまわりのノロケ話ばかり聞いていると、余計にそう感じてしまうのではないでしょうか。

■年収が高いこと

・「年収が高いときは勝ち組だと思います」(28歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「年収が年代別の平均を上まわったとき」(34歳/金融・証券/営業職)

自分の仕事が順調で年収が上がっていくと、そのときは勝ち組になったと思うのかも。まわりの収入より自分のほうが高い場合は、心の中でガッツポーズをしてしまいたくなりそうです。

■好きなことができること

・「自力で稼ぎ、やりたいことをしている」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「自分の好きなものを好きなだけ買えるとき」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

自分の好きなことをしていると、それだけで勝ち組になれたと思えるようです。ささやかなことかもしれませんが、お金に困らず、好きなものを買えるというのは、一番の幸せかもしれませんね。

■彼氏のスペックが高いこと

・「友人の彼氏よりも、私の彼氏のほうがスペック高い」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「彼氏が友達の彼氏よりも高学歴高収入だったとき。勝ったなと思うので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

友達の彼氏より自分の彼氏のスペックのほうが高いと感じると、「勝った!」と思う人もいるのでは。ついつい友達同士で、彼氏を比べあったりしてしまうのかもしれません。

<まとめ>

彼氏ができたり、結婚したことで、勝ち組になったと思う人は多いようです。また、お金を手に入れることができたときに、勝ち組だと実感できる人も。それぞれ勝ち組だと思える状況はさまざまですが、自分が満足できる人生が歩めるといいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月25日~2016年11月2日
調査人数:117人(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE