お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

比べんじゃねぇーよ! 彼女の「元カレとの話」に嫉妬したエピソード12

ファナティック

過去は過去と割り切っていても昔の恋人との思い出話を聞かされるのは、あまり気分のいいものではありませんよね。本人に悪気がなくてもちょっと嫉妬してしまう元カレとの昔話。今回は、男性たちが嫉妬してしまった彼女と元カレとの話について聞いてみました。

元カレのよさを聞かされた

・「元カレのほうが収入が多かったり、いい車に乗ってたりとか聞かされると嫉妬というか、うっとうしくなる」(39歳/その他/事務系専門職)

・「話の裏側に、自分よりよかった点が読んで取れるとき」(30歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

暗に自分と元カレを比べて「元カレのほうがよかった」と言われているような気になる彼女の話。特に元カレが明らかに高スペックな男性のときは、羨ましいような、悔しいような複雑な気分になる男性も多そうですね。

元カレとの思い出の場所

・「デートに行ったときに、ここ元カレと来た場所とか言われたとき」(23歳/その他/その他)

・「旅館に着いたら、ここ前に来た、と言われたとき」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

自分が連れて行ったデートスポットに着いた途端「元カレとも来た」と言われたらテンションが下がりそう。本当に来たことがある場所だとしても、それをわざわざ言わなくてもいいのにというのが男性の本音でしょうね。

何かにつけて比べる

・「いちいち元カレはこうしてくれたとか比べられたとき」(35歳/その他/その他)

・「元カレは、こんなことしてくれた」(39歳/商社・卸/その他)

元カレと自分を比べるのは、まだ元カレに未練があるからかもと心配になる男性もいそう。そもそも、人と比較されるのは嫌でしょうが、それが元カレとなるとさらに嫌な気分になる男性は多いはずですよね。

自分にできないことをしてもらった自慢

・「よく料理を作ってくれた。自分は得意でないため」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

・「デートで自分にはできないことをしていて自慢されたとき」(27歳/運輸・倉庫/その他)

彼女が元カレのことを自慢げに話すというのは、男性にすればかなりイラッとしそう。それが自分にはできないこと、あまり得意ではないことならなおさら「あなたにはできないでしょ」と言われているようでいたたまれない気持ちになるかもしれませんね。

何にでも嫉妬してしまう

・「元カレの話ならなんにでも嫉妬してしまう」(30歳/自動車関連/技術職)

・「どんな些細なことを話しても嫉妬になる」(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

彼女が元カレのことを口にするだけで嫉妬する。これは、彼女のことが好きなら自然な反応。女性でも彼から元カノの話を聞かされるといい気はしませんよね。元カレや元カノの話をしないというのは、カップルのマナーかもしれませんね。

いろいろなところに連れて行ってくれた

・「誕生日の際に元カレは彼女の好きなお店に連れて行ってくれて、その場所でプレゼントをくれたと比較されたこと」(39歳/不動産/事務系専門職)

・「毎週おごりでいろんなところに連れて行ってくれた」(32歳/学校・教育関連/その他)

元カレは何でもおごってくれた、好きなお店に連れて行ってくれたと聞かされると、何となく自分を非難しているように思える男性もいそう。単なる昔話でも元カレのほうがよかったという話はしないのが正解ですね。

まとめ

元カレと彼女とのエピソードを聞かされると穏やかな気持ちではいられないという男性は多そう。今、付き合っているのは自分だからと思いたくても、彼女の気持ちが本当に自分だけに向いているのかと自信が持てなくなってしまうのかもしれませんね。彼のことが好きなら元カレとの思い出話はしないようにする。仲よく、長く付き合っていくための秘訣と言えそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~2016年10月26日
調査人数:391人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE