お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やっぱ赤だろっ! 男性の「勝負下着」6つ

ファナティック

彼氏とのデートのときは、勝負下着を身につける女性も多いのではないでしょうか。いざというときこそ、彼にはかわいく見られたいですもんね。一方、男性も本命女性と会うときにつける勝負下着があるようです。そこで今回は、男性が本命女性と会うときにつける「勝負下着」の特徴について、こっそり教えてもらいました。

(1)ちょっと派手なボクサー

・「カッコいい、ちょっと派手なセクシーボクサーパンツ」(38歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ドット柄のボクサーパンツ。脱いだときにかわいいと言ってもらえてうれしいので」(25歳/建設・土木/営業職)

ボクサーパンツは男性に人気の下着。女性人気も高く、ぴったりフィットしたフォルムがセクシーでカッコいいすよね。ちょっと派手だったりドット柄だったりと、見た目にもこだわりがある様子。派手な柄は、男性の気合いが入っている証です!

(2)シンプルなトランクス

・「シンプルなストライプのラルフローレンのトランクス。ダサくない」(38歳/建設・土木/技術職)

・「きれいなトランクス。おしっこのシミなどが、ボクサーブリーフだとつくから」(35歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

トランクスでもシンプルな柄で、清潔感のあるものを勝負下着として選ぶ男性も。トランクスにはさまざまな柄がありますが、あえてシンプルなものを選んでいるようですね。たしかに、ボクサータイプはフィットするあまり、シミができてしまうことが……! そんなリスクを回避するため、あえてトランクスをチョイスする男性もいるようです。

(3)こだわりのブランド下着

・「ヅィメリーのボクサーブリーフ。自分が一番気に入っているものなので」(29歳/商社・卸/営業職)

・「ブランド品(ボディワイルドなど)のボクサーパンツ。普段は100均のパンツだが、それではあまりにも安っぽいので」(39歳/その他/クリエイティブ職)

下着のブランドにこだわる、という男性もいました。ヅィメリーやボディワイルドは、男性に人気ですよね。いつもは100均の下着でも、勝負のときはブランド物で気合いを入れるのだとか! たしかに、質がヨレヨレの下着では恥ずかしい思いをしてしまいますよね。

(4)赤い下着

・「明るい赤色系のボクサーパンツスタイル」(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「なるべくパンツは赤とかの原色系を着ます。性欲が意外とないので、外見だけでも勝負下着と思わせるため」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

男性の下着は黒やグレー、ネイビーなどが多い印象ですが、赤系の原色系を勝負下着としてつける、という男性もいるようです。下着の色が明るいと、自分に自信が持てそうですよね。彼の下着を見て、「何だこの色!」とビックリしたときは、本気の証拠かも!?

(5)高級下着

・「高いボクサーブリーフ。テンション上げたいから」(29歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

・「恥ずかしくない程度で、いつもより少し高めの普通のトランクス」(33歳/その他/販売職・サービス系)

見た目はもちろん、値段にこだわるという人も。普段はお手頃な値段の下着をつけていても、本命女性と会うときはちょっと高い下着にすると、それだけでテンションが上がりそうですね。下着の値段はピンキリ。いざというときの下着にだけ、お金をかけている男性も多そうです。

(6)清潔感のある下着

・「あまり派手ではなく清潔感のあるもの。清潔感が大切と考えられるため」(38歳/医療・福祉/専門職)

・「清潔感があり、古びていない下着を選ぶ。貧乏くさくならないように気をつける」(39歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

いくらデザインが凝っていたりブランド物だったりしても、ヨレヨレだったら清潔感がないですよね。いざというときに恥ずかしい思いをしないためにも、古びていない下着を選ぶ男性は多いようです。女性の気持ちをよく理解した男性意見でした。

<まとめ>

男性が本命女性と会うときにつける「勝負下着」には、6つのポイントがありました。形や色、柄などのデザインにこだわったり、ブランド物や値段の高い下着にしたりと、男性もさまざまな工夫をしているようです。勝負下着に対するこだわりは、女性も男性もあまり変わらないと言えそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月17日~2016年10月19日
調査人数:336人(22~39歳の男性)

 

※この記事は2016年11月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE