お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

あっ、漏らしちゃった! 働く女子が暴露する「ノーパンで外出」エピソード5選

ファナティック

スカートいつもと同じように洋服を着たつもりでも、なぜか涼しく感じてしまうと思ったら、下着をはいていなかった! なんて、ギャグみたいなこと、あるのでしょうか!? 今回はノーパンで外出した経験を女性のみなさんに聞いてみました。

■プールに行ったときに

・「プールに行くときに水着を着て行って、下着を持っていくのを忘れていたので、プールから家まではノーパンで帰りました」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「高校のときですが、水泳の時間パンツが盗まれる被害があった」(25歳/機械・精密機器/技術職)

学生の頃は授業でプールがあるため、下着の替えを用意しておくもの。うっかり水着を着たまま学校に行ってしまうと、替えの下着を忘れていたときはノーパンで過ごさなくてはなりませんよね。

■旅行先で

・「海外でロングワンピを着たときにはノーパンで出かけた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「旅先でパンツが少なくて、やむなくノーパンで一日観光した」(32歳/金融・証券/専門職)

旅行に出かけるときは、手荷物を少なくするために、着替えも最低限でおさえるもの。とはいえ、下着まで減らしてしまうと、ノーパンで過ごすはめになりそうですね。

■子どもの頃

・「子どもの頃、うっかりノーパンで近くの公園へ出かけたことがある」(33歳/不動産/専門職)

子どもの頃は下着をはいていなくても、それほど大げさに感じることもありませんでしたよね。スカートをはいていると、すぐにノーパンとバレてしまっていたかもしれませんね。

■洗濯物がたまりすぎて

・「私自身は経験がないが、大学時代の後輩男子は洗濯をさぼりすぎて替えの下着がなくなり、ノーパンでコンビニまで買いに走ったことがあるらしい」(31歳/その他/その他)

梅雨時期に洗濯を回すことができないと、替えの下着の数も減ってくるもの。残りがゼロだと気付いたときは、急いで購入しにいくほかありませんよね。

■漏れちゃいました

・「トイレが間に合わなくて漏らしてしまったのでノーパンになった。タイツにナプキンを貼って過ごした」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

中にはトイレを我慢できずに、漏らしてしまった人もいるようです。さすがにそのままはき続けるのは、抵抗がありますよね。

■まとめ

よほどのことがない限り、なかなかノーパンで出かけるなんてことはないもの。もしうっかりノーパンで出かけてしまったときは、あせらずに、コンビニなどで下着を購入して、はくようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数123件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]