お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

言えねー……言えねーよ……男性が友人に「絶対に」言えない秘密

ファナティック

バカ話だけでなく、重い相談もできるくらい仲のいい友だち。でも、そんな友だちにも隠し通したい秘密というのがあったりしませんか? もし、秘密がバレたら嫌われてしまうかもと考えると言えない。今回は、男性たちが友人には絶対に言えないと思っている秘密について聞いてみました。

趣味について

・「オタク趣味だったこと。オタクと聞くだけでいい顔しない人もいるから」(29歳/その他/その他)

・「ネットゲームに数百万円以上使ったことがあること」(32歳/運輸・倉庫/その他)

趣味に理解を示してくれる友だちもいるでしょうが、中には偏見を持たれがちな趣味もありますよね。趣味を通して仲良くなれる人もいるけれど、趣味が原因で誤解を受けることもあると思うと言い出せずにいる人は多そうです。

体に関すること

・「実は脱毛していることや、ハゲてきていること」(25歳/医療・福祉/技術職)

・「薄毛が問題で発毛専門店に行っていたことです。しかも高いためあまりたくさん行けず効果がないように思われるため言えないですね」(28歳/情報・IT/営業職)

友だちならわざわざコンプレックスを指摘して傷つけるようなことはしないだろうと思っていても、自分自身が気になって仕方のないカラダの悩み。男性にとっては切実な頭髪問題は男同士であってもトップシークレットなのかも。

実はだらしない

・「家にいるときのダラダラ感。みっともなくて見せたくない」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「部屋が異様に汚いことぐらいしかない」(34歳/情報・IT/技術職)

外では比較的きちんとしているけれど、自宅にいるときはだらけきっている。そういう人は少なくなさそうですが、あまりのギャップにドン引きされてしまうかもと思うと、あえて秘密をばらそうとは思わないようですね。

収入額

・「具体的な収入額。比べられると嫌だから」(33歳/自動車関連/技術職)

・「本当の年収は友だちにも明かせません」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

仕事の出来や能力に比例する収入額。仲のいい友だちであっても負けたくないという気持ちがあるせいか、具体的な数字は明かせないという男性も。勝っていればまだしも負けていたらショックが大きいでしょうね。

彼女とのこと

・「彼女と別れた理由とか言いたくない」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「彼女と二人きりになると互いに呼び合う愛称」(33歳/医療・福祉/専門職)

彼女とうまくいっていたとしてもそうでなかったとしても、自分の恋愛についてはあまり語りたくないという男性も。女性の中には彼とのノロケ話をしたいという人もいますが、男性はあまり思わないのかもしれませんね。

ウソをついて誘いを断った

・「予定がないのに、自分は忙しいなどとたまに言ってしまうこと」(35歳/その他/販売職・サービス系)

・「遊びに行くと誘われても仕事があると嘘をついて断ったこと」(25歳/その他/技術職)

見栄を張って忙しい振りをしたり、単に疲れていただけだったり、理由はいろいろでしょうが、友だちからの誘いを断るときにウソをついたことは言えないという男性も。でも、こういう小さなウソはお互いさまかもしれませんね。

まとめ

仲のいい友だちにも言いだせない秘密。周囲から見ると大したことがないと感じるものも、本人にとっては重大な秘密のように思うことがあるのかもしれませんね。バレたら恥ずかしい、バカにされるかもと思うと言い出せない気持ちは、なんとなく理解できるという人も多いのではないでしょうか。何でも言い合える友だちだとしても、すべてを明かす必要はないと思えば、秘密があっても気持ちがラクかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数男性202件(25歳~39歳の働く男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE