お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

満足してる!? アラサー女性の職業&今の仕事に就いた理由6つ

ファナティック

社会人のみなさん、日々のお仕事の調子はいかがですか? 今は何の仕事に就いていますか。そもそもなぜその職業を選んだのでしょう。今回のテーマは、社会人女性の職業&今の仕事に就いた理由について。一緒に振り返ってみましょう。

製造業!

・「製造業。大手企業で給料もよく福利厚生がよかったから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「製造業の経理職。もともとお金の流れに興味があり、学生のころ簿記を勉強したのがきっかけで、今の仕事に就いた」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

製造業は、いわゆるものづくりの仕事。工場のラインに入るほか、たくさんの製品や売り上げを管理するための事務職に就く人もいるようです。どれも大切な仕事ですよね。

システムエンジニア!

・「システムエンジニア(SE)。パソコン関連の仕事に興味があったから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「システムエンジニア(SE)。結婚しても長く働ける仕事、転職する上でも技術があれば困ることがないと思ったから」(28歳/情報・IT/技術職)

SEとは、システムエンジニアのこと。身近なところでは駅の自動改札にもプログラミングが施されています。手に職をと思って、システムエンジニアを選んだ女性も多いのではないでしょうか。

ファッション関係!

・「洋服が好きなのでファッション関係の仕事」(30歳/小売店/販売職・サービス系)
・「アパレルのパタンナー。服を作るのが好きだったから」(25歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

女性にはおしゃれが好きな人は少なくないですよね。ファッション関係の仕事は売るだけでなく、作ることも含まれます。もしかすると自分の手で流行を生み出せるかもしれません。

看護師!

・「看護師。もともと興味があったのと、不景気だったので、職に困らないように」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「看護師。昔から人体のつくりや仕組みに興味があったのと、おじいちゃんおばあちゃんと話したり触れあいたかったので」(27歳/医療・福祉/専門職)

看護師は今でも女性看護師を看護婦と呼ぶ人が多い、女性らしいイメージのある職業。小さいころから看護師になりたいと思ってそうなった人もたくさんいそうですね。

教育関係!

・「教員。両親が教員で、安定しており、生活も規則的」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「教育関係。いろんな年代の人の夢をかなえる手助けができるから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

公立学校の教師や事務員、予備校など、教育関係の仕事は幅広いです。教育は人を育てながら道を示すものですから、業務内容は楽ではなくても、とてもやりがいが感じられそうですね。

公務員!

・「公務員。安定して定住もできるから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「公務員。仕事と家庭の両立をしたい」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

堅実さで人気の公務員。妊娠や出産を機に退職させられることもなく、地方勤務なら遠くへ転勤することもありません。試験を突破さえすればなれる職業でもあります。

まとめ

社会人女性の今の職業と、それに就いた理由について、さまざまな意見が寄せられました。中には「大学内の購買。友だちに『受けてみない?』と誘われて受けた」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)という女性もいました。みなさんの就いている職業はありましたか? 今の仕事にマンネリを感じるようになったら、ぜひ初心にかえってみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~10月5日
調査人数:109人(22歳~34歳の女性

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE