お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

LINEの「既読スルー」にヘコまない5つの心得

ファナティック

気になる男性のLINEIDをやっと教えてもらっても、そこから親しくやりとりをできるかどうかはわからないもの。勇気を出してメッセージを送っても、返信がくるかどうかは賭けに近いですよね。そこで今回は、女性のみなさんに「LINEの既読スルーにヘコまない方法」について教えてもらいました。

1.やり返す

・「自分も既読スルーして、既読スルーを見ないようにする」(28歳/商社・卸/技術職)

・「自分も既読スルーする。お互い様ということで」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

相手から既読スルーをされたとしたら、今度連絡があったときに自分が既読スルーすることで、やり返すこともできますよね。それでスッキリするという女性も。でも、2人の関係は「それっきり」でいいという覚悟がある場合に限られます。

2.気にしない

・「いちいち気にしない。気にしているからへこむのだと思うから」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「気にしないようにするか、返すのを忘れてるだけと思い込む」(29歳/医療・福祉/専門職)

既読スルーを気にしていると、LINE自体をすることができなくなりますよね。返信を忘れてしまったのだろうと思い、気にしないことが一番かもしれません。極論を言えば気にするからこそ、ヘコむのです。

3.相手は忙しいと思い込む

・「相手は忙しいんだな、と自分に言い聞かせる。そして、LINEから離れて気を紛らわす」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「きっと忙しいのだよと思うことにしている」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

仕事中や家の用事に追われているときなどは、LINEがきてもスルーする人も多いですよね。自分の時間軸と同じように考えなければ、あまり気にならないかも。相手にも相手の時間が流れているのです。

4.とにかく見ない!

・「LINEを見ないようにする。見ないようにしたらへこまないので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「見ないこと! 既読がついたことを確認しないように」(22歳/建設・土木/販売職・サービス系)

既読スルーが気になってしまうなら、スマホ自体をあまり見ないようにするのがいいかもしれませんね。目の前にあるから気になってしまうはず。目にしないでいるうちに、その存在すら忘れていることもあるものです。

5.「自分もすることがある」と割り切る

・「自分もスルーしたいって思うことがあるよね、ってことを思い出す」(32歳/自動車関連/技術職)

・「自分が既読スルーする人なんで、なんとも……。まぁ、自分みたいな人なんだろうなぁ、と思うしか……。懲りずにLINEくれる人は、ありがたいなぁと思うぐらいで」(31歳/情報・IT/技術職)

自分自身も既読スルーをすることがあると思えば、それほど気にする必要はないかもしれませんね。相手にも何か事情があるのかも!? 「自分もやるしっ!」と明るく割り切りましょう。

<まとめ>

相手とのコミュニケーションを密にとっている人からすると、メッセージを送って既読スルーになっていると、とても気になってしまうかもしれませんね。返信の速度は人それぞれと思っておくと、既読スルーも気にならないはず。そうすれば、LINEとも楽しく付き合っていけるはずです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月12日~2016年9月16日
調査人数:107人(22~34歳の女性)

※この記事は2016年10月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE