お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

既婚者がうんざり! 迷惑な「独身友人」・4選 「夜中に平気で……」

ファナティック

独身のときは自分のことだけを考えて、好きなように遊びまわることもできたものですが、結婚すると、そんな自由な行動はできなくなるもの。友だちにもそんな状況は理解してほしいものですよね。今回は既婚者の男女に、独身の友人にうんざりした出来事を告白してもらいました。

■好きなときに電話をしてくる

・「ご飯の用意などをしないといけないのに電話を切らない」(24歳女性/その他/その他)

・「夜中でも平気で何度も電話をしてきたとき」(34歳男性/情報・IT/技術職)

・「子どもがいるのに長電話になって、なかなか切ってくれなかったとき」(31歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)

夕方から夜にかけては、買い物や子どものお迎えに行ったり、晩ご飯の用意をしたりと、とても忙しい時間帯。少し考えてみれば、電話をする時間も考えてもらえそうなものですよね。

■飲みに誘ってくる

・「飲み会にしょっちゅう誘うこと」(33歳男性/その他/営業職)

・「何も考えずに飲みに誘ってくること」(34歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「家庭がない人からの飲みに行こうと誘いが多い」(24歳女性/金融・証券/営業職)

独身だと、自分だけの都合で飲みに行くことも決められるものですが、結婚しているとそうもいきませんよね。金銭面でも出費が大きくなるので、既婚者からすると、できれば飲み会は避けたいのが本音かもしれません。

■こちらの都合を考えない

・「子どもがいて生活に縛りがあるのに好き勝手誘ってくる」(23歳女性/その他/その他)

・「『子どもを置いて外に出てこれないの?』と遊びに誘ってきたとき」(24歳女性/その他/その他)

・「子持ちの気持ちを考えずに、集合場所や時間を決める」(27歳女性/その他/その他)

子どもがいる環境が理解できないと、子どものことを考慮せずに誘ってきたり、遊びに行く場所を決められたりしますよね。子どもを連れていくにはふさわしくない場所もあるので、よく考えてほしいものですね。

■結婚に対するマイナス発言

・「結婚は大変になるだけだと思うと言われた!」(24歳女性/生保・損保/経営・コンサルタント系)

・「結婚や子どもに対してのネガティブな話」(30歳男性/医療・福祉/専門職)

・「独身こそが正しいみたいな発言」(34歳女性/建設・土木/技術職)

独身生活を満喫している人にとっては、制限の多い結婚生活はマイナスにしかうつらないかもしれませんね。実際に結婚してみないと、その幸せはわからないものかもしれません。

■まとめ

お誘いをしてくれるのはうれしいのですが、こちらが結婚していたり、子どもがいることに配慮してくれると出掛けやすくなりますよね。今はわからなくても、結婚すれば同じようなことを悩むようになるのではないでしょうか。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月5日
調査人数:387人(22歳~34歳の男女)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]