お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

知らなきゃよかった! 女性が聞きたくなかった彼氏の過去のエピソード

ファナティック

もしも彼に、普段自分に見せている顔からは想像できない過去があったら……。考えただけでもネガティブな気分になりますよね。今回は働く女性に、できることなら聞きたくなかった彼氏の過去を教えてもらいました。

■これも過去の武勇伝!?

・「実は昔悪いやつらとつるんでいた。かっこよくないし」(28歳/商社・卸/技術職)

・「中学時代に万引をした経験があると聞いたときはドン引きしました」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

やたら「昔はワルだった」と言う男性がいますが、好意的に捉える女性は少ない様子。彼氏が過去に罪を犯していたと聞いて、いい気分になる人はいないでしょう。

■元カノとの壮絶な別れ

・「元カノにだまされて何百万と損した事」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

・「どういう経緯で彼女と別れたか等。モラハラっぽくてゲンナリした」(33歳/不動産/専門職)

ある程度の年齢になれば、彼氏に元カノがいるのは仕方のない話。ですがあまりにも別れ方が悲惨だと、彼の本性を見たようで心配になってしまいますよね。

■これで結婚、大丈夫ですか?

・「不倫していたり浮気をしていた」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「本当かウソか分からないが、月から金まで曜日ごとに毎日別の女性に会っていたこと(付き合っていたかは不明)」(34歳/金融・証券/営業職)

将来を考えている男性の口から、こんな過去をカミングアウトされたら、自分は大丈夫だろうか? と不安になりますよね。今でも継続中でないことを祈りましょう。

■ファンになるのは自由だけど

・「中学の頃アイドルにハマっていた」(27歳/その他/専門職)

・「高校生のときにT.M.Revolutionの追っかけをしていたこと。男性は相当珍しかったらしい」(26歳/農林・水産/事務系専門職)

これはもう、好きになってしまったのだからしょうがないですよね。ただ、あまりにもマニアックだったり熱烈な応援の仕方だと、自分が知らない一面を見た気がして怖くなってしまうかも。

■本気で愛した女性の話

・「ずっと一途に思っていた女性がいたという過去。特にその女性の写真を見せられたときに、自分とは違うタイプの(むしろスペック含めてレベル高めの)女性だったので、私は妥協されたのかなとか要らない考えをまわしてしまった」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

・「バツイチのパートナーが初婚のときのプロポーズの話。ふだん面倒くさがりの彼なので私にはそのときのように手の込んだプロポーズをしてくれるか不安」(27歳/金融・証券/営業職)

恋する女性にとってこれはかなりつらい話ですよね。それだけ人を愛したことはすばらしいことですが、できれば胸の内にしまっておいてほしいものです。

■まとめ

なんとなくイタイ過去の話から、脳天を直撃するような衝撃的な話まで、知らないほうがよかったと思える過去を聞かされた人も多いようですね。人にはどんな過去があるかわかりません。問い詰める前に「知らぬが仏」という言葉を思い出してみることも必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]