お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男子の決断! 「友だち以上恋人未満の女子」と距離を置きたくなった瞬間4

おんぶ友だち以上恋人未満という微妙な関係になると、少し親しくなっただけに距離を置くのが難しくズルズルいきやすいことがありますよね。男性はどんなときに、この微妙な関係から「距離を置こう」と思うもの? 社会人男性に聞いてみました。

■彼女に昇格させるのが難しくて……

・「向こうからの彼女にしてアピールをされて。いったん、そういった微妙な関係でスタートしてしまうと、なかなか彼女に昇格は難しい気がする」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「関係に依存してきて、束縛するようになってきた」(38歳/情報・IT/技術職)

・「いざ付き合ったときのことを想像すると面倒だと感じたので、距離を置いたことはある」(31歳/機械・精密機器/技術職)

友だち以上恋人未満な関係は、実は不安定な関係。どちらかが一歩距離を詰めてきたときに心の準備が間に合わないと「距離を置こう」とされてしまうことが……。この関係から1つ上の関係になるには、お互いの気持ちがぴったり合わないと難しい?

■押しても「脈ナシ」を感じたとき

・「相手が自分の誘いに返事をしなくなったとき」(29歳/情報・IT/技術職)

・「押しても響かなそうな子はあきらめようと思った」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「これ以上いつまでもいたら、好きになってしまうと思った」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

同じように男性側だけが盛り上がり、女性に心の準備がまだないときも「距離を置こう」とされやすいとか。友だち以上恋人未満な関係は、「どちらかが恋に発展させるのをためらっている」ということ。ここを打開するには、自分の思いだけでは難しいのかもしれませんね。

■友だちより、恋人としての役割が増えてきたとき

・「話をしていてめんどくさいなと思ったとき」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「相談事の回数が増えてきたとき。そろそろ自分で考えろと思う」(39歳/その他/技術職)

この中途半端な関係が成立するのは、「友だちとしての役割」と「恋人としての役割」がどちらも同じ分量で成立してこそ。どちらかの役割が重くなってしまうともう「友だち以上恋人未満」とは言えず、距離を置きたくなることがあるよう。

■恋人ができてしまったとき

・「自分に彼女ができたとき。変に期待させるのも申し訳ないし、わざわざ彼女がいるのを告げるのも変なので、自然と距離をとるようになる」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「真剣に付き合おうと思う人ができたとき」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

誰よりも優先すべき恋人があらわれたときも、この中途半端な関係に終止符が打たれやすいとか。またこんなときに改めて、「思いのちがい」に気付かされることも多そうですよね。友だち以上恋人未満な関係は、そこから先に進めない理由が何かあるのかも?

■まとめ

単なる友だちよりも友だち以上の関係に進めたら、それは一歩進展。ただ、そこから「恋人」になれるかどうかは、微妙なことも多いよう。中途半端な関係から一歩先へ進むには、2人の気持ちが同時に「恋」へ向かわないと、なかなか難しいのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数95件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]