お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

おできができやすそうな場所4つ

ファナティック

体調が悪かったり、食生活が乱れてしまうと、身体の表面上にも変化があらわれてくるものですよね。人によってはおできができてしまうこともあるかもしれませんね。そこで今回は、「おでき」ができやすそうな場所について、働く女性に聞いてみました。

【下着を履かない!? お尻におできができないよう心がけていること4選】

■お尻

・「お尻。長時間座っているとなりそう」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お尻。常に服に包まれているので雑菌が出やすい」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「お尻にできた。汗をかきやすいから」(33歳/医療・福祉/専門職)

デスクワークがメインの仕事をしていると、どうしても座っている時間も長くなってしまうものですよね。たまに休憩も兼ねて立ち上がったりするようにするといいかもしれません。

■おでこ

・「おでこ。オイリーなので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「おでこにできることが多いのですが、恥ずかしいし痛いしつぶせないし嫌です」(27歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「顔周り。おでこやあごなどにできやすいと思います。皮脂分泌の関係?」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

顔がオイリー肌だと、おでこなどにもおできができやすいかもしれません。どうしても気になるときは皮膚科に行って相談してみるのもアリです。

■頭

・「頭にできて痛かった」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「頭皮。よくおできができているから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

中には頭におできができる人もいるようですね。すぐに治るのなら問題ないかもしれませんが、ずっとおできが消えないままで大きくなってしまうようなことがあるなら、一度病院に行って相談してみたほうが良いかもしれませんね。

■鼻

・「鼻の上。脂が多いから」(22歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「鼻のてっぺん」(23歳/その他/その他)

・「鼻周り、あぶら」(33歳/学校・教育関連/専門職)

顔の中でも特に脂の多そうな鼻の周辺は、おできができてしまうことも。気になるからといって触ってしまうと、さらに大きくなってしまう可能性もあるので、そっとして。

■まとめ

ニキビに似ているけれど、少しちがうおでき。毛穴に菌が入り、化膿することでできると言われています。おできができる場所によって原因はちがいますが、長時間デスクワークの人はお尻に、オイリー肌の人は顔まわりにできやすいとも言われています。基本的には生活習慣の乱れやケア不足、清潔な状態をキープするよう心がけることで防止することは十分可能なはず。あとで「できちゃった!」と後悔しないためにも普段から規則正しい生活とていねいなケアを心がけていきましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月12日〜20日
調査人数:104人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]