お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男性のみなさん気をつけてー! 実は女性がありがた迷惑に感じている恋人の気使い4つ

ファナティック

彼の家に遊びにいったとき、彼によろこんでもらいたいと思って、料理や掃除を張り切ってみても、迷惑そうにされたことってありませんか? もしかして親切の押し売りになっているかもしれないので、気をつけたいですよね。そこで今回は社会人女性のみなさんに、ありがた迷惑な恋人の気気使いについて、お話を聞いてみました。

 

■プレゼント

・「自分の趣味じゃないものをプレゼントやお土産として買ってくる」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「欲しくないプレゼントを自分のタイミングでよこす」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「プレゼント。気にいらないものはみんなが不幸」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

自分が欲しいものをもらえるならプレゼントもうれしいものですが、的外れなものだと、さすがに少しガッカリしますよね。どんなものを欲しがっているか、まずはリサーチしてほしいものです。

■メールやLINE

・「毎日のおやすみメール、実は面倒くさい」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「心配して何度もメールや電話をかけてくる」(38歳/学校・教育関連/その他)

・「メールとかLINEとか、毎日大量に送られるのが不快です」(35歳/その他/事務系専門職)

付き合っているなら、毎日の連絡は当たり前! と言いたいところですが、仕事状況などによっては、それほど連絡できないこともあるもの。余裕があるときに連絡し合うのが本当はベストなのかもしれませんね。

■生理中

・「元気がないときに『生理なの?』と聞かれること。気遣っている気持ちはわかるけれども、やはり女性として恥ずかしい。好きな人ならばもちろん許してしまうけれども、やはり恥ずかしい」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「生理中のデートでやたら、気を遣ってくるところ。男の人に気にしてほしくない」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「生理痛で寝てるときにオロオロ心配されること」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

生理中はお腹の痛みやホルモンバランスの乱れで、どうしてもイライラしてしまうもの。心配して気を使ってくれているのかもしれませんが、できればそっとしておいてほしいですよね。

■病気のとき

・「病気のときにお見舞いに来てくれること。回復時であればOKだが、一番ひどいときにきたり、寝入ったところに来たりすので、こっちが気を遣う。また、良かれと思って持ってきたお見舞い品が、肉まんとか男子が買ってくるスタミナ満点のものだったりして、食欲が失せる」(35歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「病気のときのお見舞い。迷惑でしかない」(39歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「風邪でダウンしているのにお見舞いに来て、看病してくれるならともかく、わざわざ外に出てこいとか言われるとシンドイ。寝かせてくれと思う」(35歳/その他/販売職・サービス系)

病気で寝込んでいるときは、できればお見舞いにきてほしくないと思っている人もいるようです。逆に気を使ってしまうので、病状がさらに悪化しそうですものね。

■まとめ

彼はよかれと思ってやっていることでも、心の中ではありがた迷惑に感じている女性も多いのかもしれません。彼女をよろこばせたいと思ってサプライズ的な要素で動いてしまうと、失敗してしまう可能性もありそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]