お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 メイク

【キレイの相談室】これで浮かない! 必ず似合う「派手色リップ」の塗り方

野口由佳

「もっとメイクがうまくなりたいけど、何からすればいいのかわからない」「自分の肌には、どんなタイプの化粧品を選べばいいの?」など、「キレイ」にまつわるさまざまなお悩みに、ヘア&メイクアップアーティストの野口由佳さんがお答えします!

口元が主役のメイクは、華やかさも満点。しっかり色づく派手色リップは一本は持っておきたいところ。ただ、気になる色を買ってみたものの、唇だけ浮いて不自然に見えてしまうことも……。そこで今回は、テクニックいらずで浮かずに派手色リップを塗るコツを紹介します。

<今回のお悩み>

真っ赤なリップにあこがれて買ってみたけれど、唇が浮いてしまいます。どうすれば浮きませんか? ほかのメイクを工夫すれば多少よくなるのでしょうか……(28歳/建設・土木/事務系専門職)

<Answer>

指で少しずつ唇にリップを足す「ぽんぽん塗り」がオススメ。ほかのポイントメイクは抑えめに仕上げると、派手色リップとバランスがとりやすくなります。


■指でポンポンしながら塗って、薄づきに

リップが「浮いている」と感じるときは、肌の色とリップの色が合っていない状態です。「派手色リップ」は唇にしっかり色がつくので、淡い色のリップより肌の色との境目がハッキリして、浮いて見えやすくなります。

派手色リップを浮かずに使うための一番てっとり早い方法は、塗り方を工夫すること。いわゆる「ぽんぽん塗り」がオススメ。

唇の上下中央にリップをのせてから、中指の腹で“ぽんぽん”と軽く叩きながら左右の口角に向けて広げる塗り方です。直接リップスティックで唇をなぞったり筆を使った場合に比べ薄づきになり、もとの唇の色にリップの色をプラスした自然な仕上がりに。素の唇の色は肌の色とマッチしているので、肌の色となじみやすいです。

色の濃さを調節しやすいのもぽんぽん塗りのいいところ。アイシャドウなどのほかのメイクや服装とのバランスを見ながら、「物足りない」と感じたら再度唇中央にリップをのせて“ぽんぽん”。色をプラスします。

■しっかり色を出したいときは、肌に合ったリップで。試し塗りはマスト!

ぽんぽん塗りよりも、リップの色をしっかりのせたいときは、自分の肌に合ったリップを選ぶことが、浮かないための鉄則です。

派手色リップは、真紅系、ピンク系、オレンジ系と色味がさまざま。その中から自分に合った色を見つけるには、直接唇に試し塗りするのが一番です。とはいえ、リップはひとつのシリーズでも10色近くあることもあり、すべて試すのは大変。ふだんつけているリップがオレンジ系であれば、同じオレンジ系の派手色から探すなど、ある程度目星をつけて試すといいでしょう。

ファンデーションなどのほかのメイクよりメイクオフが簡単なので、コスメカウンターに限らず、ドラッグストアなどでも試しやすいと思います。また、試供品は複数色入っているケースがほとんどなので、持ち帰って家で試しても。

■ほかのポイントメイクは控えめに。服との相性を考えて

派手色リップを使ったメイクをするときは、ほかのポイントメイクは控えめを心がけましょう。ふだんと同じように施すと、顔の各所にポイントができて、その結果唇が浮いてみえることも。アイメイクやチークは抑え気味に仕上げると、派手色リップとの相性がよくなります。

またメイクする前に、でかける洋服に着替えておくこともオススメします。

派手色リップは、ほかのメイクのみならず、服装まで入れたトータルなバランスに影響が出るもの。着る服が決まっている場合は、着替えてからリップを仕上げると、服から浮いたり、全体が派手になりすぎることを防げます。

■派手色リップを長持ちさせる方法は?

派手色リップは唇から色が剥げてしまうといつも以上に目立つので、リップの持ちも気になるところ。

持ちをよくするためには、保湿用リップクリームを塗ってすぐリップを塗るのを避ければOKです。リップクリームを塗った直後は、油分などの保湿成分が肌へ染み込みきらずに唇の上に余っている状態。そこにリップを塗ると、リップクリームの油分にリップが混ざりあうことに。油分はカップやグラスにうつりやすいので、リップごともっていかれてしまいます。

リップクリームはベースメイクの前に塗り、リップを塗る直前にティッシュオフをするようにして。メイクをしている間に唇が保湿成分を吸収し、それでも余った油分はティッシュに吸収させます。

最近のリップは保湿効果が高いので、夏の季節であれば、リップクリームを塗らないという選択肢もアリかと思います。

■肌をキレイに見せるうれしい効果も

派手色リップは口元に視線がいくので、肌荒れやくすみなどが目に入りにくいというメリットもあります。

顔色が暗く見えるときも、肌に合った派手色リップを塗るだけで、肌を健康的に見せてくれるので、自分の肌にしっくりくる派手色リップが一本見つかると、かなり便利に使えます。

ぽんぽん塗りで濃さの調整に慣れてきたら、筆をとってしっかり塗ったり、グロスを塗ったあとポイントづけしてニュアンスをだすことにもぜひチャレンジしてみてください。コンシーラーで唇の色を消してから塗れば、またちがった色味を楽しめます。

派手色リップにチャレンジしたいと思ったら、ぜひお気に入りの1本を見つけて、いろんなアレンジを楽しんでみてくださいね。

<オススメの「派手色リップ」アイテムは?>

★最初の1本はコレ!
ヴィセ リシェ カラーポリッシュ リップスティック RD421

赤のど真ん中という色です。赤系を持っていないという人の最初の一本にオススメ。ほどよくやわらかく、適度なツヤ感があるのでどんな肌の色にも合いやすい。ゆるく塗ってもしっかり塗っても、今っぽく決まります。

1,500円(税抜想定価格)※編集部調べ

★初心者さんにも使いやすい「青みピンク」!
クリニーク ポップ シアー 08 スプリンクル ポップ

未経験の人は躊躇してしまいがちな「青みピンク」。このリップは透け感あるので、唇をちょっと明るくピンクにする程度から使えます。どんな肌の色にもなじみやすいので、青みピンクを試したい人は、ぜひ。

3,200円(税抜)

<今回のまとめ>

・「ぽんぽん塗り」で浮き防止
・ほかのポイントメイクはおさえめに
・自分の肌に合った一本を見つけて

監修:野口由佳
ヘア&メイクアップアーティスト。ROI所属。今時のトレンド感と女の子らしいかわいさを兼ね備えたメイクが得意。雑誌や広告、テレビで活動中。

※画像はイメージです

(取材・文/齋藤純子)

お役立ち情報[PR]