お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

完璧じゃなくてもいいよ! 男性が「ココなら妥協して結婚してもいい!」と思うポイント5つ!

ファナティック

結婚を考える上で、「なにもかも理想の相手」を見つけるのは難しいこと。アレやコレやと、自分なりに妥協できるポイントを探っていくことも、結婚にいたるために重要な道のりなのでしょう。結婚を意識する女性にとっても、「完璧じゃなくてもいいんだ!」と、気持ちが楽になりますよね。そこで今回は、男性のみなさんに「ココだったら妥協して結婚してもいい」と思う条件について、聞いてみました。

■顔

・「ルックスなどの容姿は関係なし。特別こだわりがなく気持ちがやすらげばいい」(30歳/自動車関連/販売職・サービス系)
・「女性の顔。それなりのベースでそれなりの化粧をしてくれればいい。結局求めるのは性格の一致で自分と合わない人じゃ辛い」(31歳/不動産/営業職)

アラサー男性たちが妥協しやすいと考えるのは、ずばり「顔」のようです。美人が好きなのは当たり前! しかしいざ実際に「生活」をしてみると……「普通」のほうが落ち着くのではないでしょうか。

■スタイル

・「体型。体型だったら、結婚した後でもダイエットできるから」(27歳/建設・土木/技術職)
・「乳房の大きさ。自分の好みはあれど、それ以上に光るものがあればいいじゃない」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

自分の体型にコンプレックスを抱く女性は多いことと思いますが、男性的には、ココも妥協しやすい「外見」のひとつ。とはいえ、受け入れてもらえたことに安心しすぎるのではなく、継続的な努力をしていけると良いですね。

■お金

・「お金がない。その時点でお金がないのは問題ないと思う。もしかしたら親の介護、親の借金の返済、奨学金の返済など、訳ありで現金がないだけかもしれないため」(34歳/学校・教育関連/その他)
・「収入。きついが、自分の収入で養うようにがんばる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「ギャンブル好きだけど使う金額が決まっていれば。自分もギャンブルが好きだからいい」(35歳/印刷・紙パルプ/技術職)

あればあるほど助かるのも事実ですが、それ以上に大切なものもあるはず。特に、きちんとした理由があってお金がない場合、男性側も受け入れられることが多いようです。

■家事力

・「料理下手。自分で作ればいいから。ただし味に関して無駄に高望みするようならNG」(33歳/その他/その他)
・「家の掃除ができないくらいなら妥協できる。実際に今現在、その立場だが、自分がやればいいだけだから」(31歳/機械・精密機器/技術職)

結婚を考える上での絶対条件!と言われることも多い「家事力」ですが、今や共働きも当たり前の時代。家事以外でも、家庭に対して貢献できることがあれば、大きな問題にはならないのでしょう。2人で一緒に工夫すれば、愛も深まるのかもしれません。

■性格

・「少しわがままなところ。自分の意見をハッキリ言ってくれるほうがいいから。本当にわがままで困るなら直してもらえばいいから」(34歳/自動車関連/技術職)
・「自己主張が強く、自分のペースを崩さない。自分の意見をハッキリ言ってくれるほうが、将来的には助かることのほうが多いため」(33歳/その他/事務系専門職)

一般的には「妥協しづらい」と言われる性格ですが、こんな意見もありました。要は2人の相性の問題。そして、お互いに対する愛情があれば、きっと乗り越えられるはずです。

■まとめ

もちろん中には、「おそらく一回しかしないであろう結婚、妥協しない」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)という意見もありましたが、広い心で相手の女性を受け入れようとする男性が少なくないのも事実です。女性側も優しい気持ちで受け入れる意識を持つことで、結婚への間口はより広がるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数175件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]