お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

もう、好きにしてぇ……! 約7割の女性が自分を「M」だと自覚する理由 

ファナティック

「S」と「M」、あなたはどちらの性質だと思いますか? 人はみんなどちらの要素も持っているという話も耳にしますし、普段過ごしているときと、彼氏の前とではちがうという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、恋愛において「S」と「M」、自分はどちらのタイプだと思うか、女性のみなさんに聞いてみました。

Q.「S」と「M」、恋愛においてあなたの性格はどちらですか?

「S」……33.0%
「M」……67.0%

7割近くの人が「M」だと回答する結果に。どのようなところにそう感じるのか、くわしく理由を聞いていきましょう。

<「S」と回答した人の意見>

■いじるのが好きだから

・「たぶんS。ちょっと相手をいじめちゃう」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「自分の言動で、相手が一喜一憂しているのを見ると楽しいから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「けっこう困っている顔、嫌いじゃないです」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

相手の男性をいじることに楽しみを感じてしまうため、「S」と回答する人は多く見られました。からかったときの反応や恥じらっている姿をかわいいと感じるのだそう。

■いじられるのは嫌

・「攻められるとイラッとする」(31歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「いじられるのは好きじゃないので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなるから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

自分がいじられるのは嫌いな女性もSっ気がある様子。すべてが思い通りにならないと気が済まない女性もSの気質アリ!?

<「M」と回答した人の意見>

■受け身なので

・「受け身というか、なすがままのほうなので」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「彼に従いたいし、嫌われたくないから受け身になります」(24歳/金融・証券/営業職)

・「ぐいぐいと引っ張っていってほしいから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

「M」だと回答した女性の中には、受け身のタイプなので、という理由が多く見られました。彼が積極的にリードしてくれるほうがうれしいのだそう。

■尽くすタイプだから

・「好きになったら尽くします」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「割と待ちの姿勢。尽くしたくなるから」(24歳/金融・証券/営業職)

・「彼にとことんやさしくしたくなるから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

相手にとことん尽くすタイプなので、という意見も見られました。相手が喜んでくれるなら、多少の無理もいとわない!?

■いじられたい

・「男性に少しSっぽくされるのが好きだから」(29歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

・「男性から冷たくされると燃えるから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「男性にからかわれたりするのが好きだから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

男性に怒られてドキッとしてしまったり、いじられることに快感を得たりしてしまうという女性も少なくないようです。Sの女性とまったく別のタイプの女性ですね。

<まとめ>

好きになった相手に合わせて「S」と「M」が変化するという女性もいるように、一概にどちらのタイプかというのはなかなか難しいことなのかもしれません。自分にぴったりと合った、気持ちを満たしてくれるような男性に出会いたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~2016年6月21日
調査人数:106人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]