お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

女性上司とプライベートで付き合うときのポイント

ファナティック

最近は年上女性に惹かれる男性も多くなってきましたよね。同じ職場の女性上司に、ドキドキするシーンも多いのではないでしょうか。今回は社会人男性のみなさんに、会社の女性上司とプライベートで付き合いをする際に注意すべき点や、「ここだけは守るべき!」という点について、お話を聞いてみました。

■公私混同しない

・「公私混同は絶対にしないように約束すること。仕事に集中できなくなり、成果が下がる」(32歳/建設・土木/技術職)

・「公私混同を行わない。特に会社での立場と異なるので一線を引く」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「仕事は仕事。プライベートはプライベート。公私混同は良くない」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

社内恋愛になると、どうしてもやってしまいがちなのが公私混同してしまうことですよね。特別な関係だからといって、仕事に私情をはさんでしまうと、周りに迷惑をかけてしまうことも。

■タメ口に気を付ける

・「彼女が上司である以上絶対にタメ口で話さない」(39歳/医療・福祉/専門職)

・「タメ口を控える。上下関係があるから」(39歳/不動産/専門職)

・「タメ口にならないようにする」(33歳/医療・福祉/専門職)

会社では上司でも、二人っきりになると自分だけの彼女なので、当然タメ口になるものです。とはいえ、会社でボロが出てしまう可能性もあるので、プライベートでもタメ口にならないよう、気を付けている人も多いようですね。

■仕事の話はしない

・「仕事の話は極力しない」(37歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「仕事の話はしない方がいいと思う。上司と部下であるとともに恋人関係になると、立場が混在してケンカになりそう」(32歳/自動車関連/技術職)

・「プライベートで会うときにはなるべく仕事の話をしない。付き合いが仕事の延長になってしまうから」(39歳/情報・IT/技術職)

プライベートタイムまで仕事の話をしてしまうと、まだ仕事をしているのか、それともプライベートなのか区別がつかなくなってしまうもの。同じ職場で働いているなら、なるべく仕事の話は避けたいですよね。

■オンオフの切り替えをする

・「あくまで上司であるということを忘れないように。仕事とプライベートのON、OFFはしっかり分けること。この境界線があいまいになると、職場環境がいろいろと破たんするきっかけになりかねない」(30歳/情報・IT/技術職)

・「オンオフは使い分ける」(38歳/電機/技術職)

・「オンとオフの切り替えをしっかりする事」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

社内恋愛をするには、きちんとオンオフの切り替えをすることが必要そうですね。いつまでも仕事モードだと、上司と部下のまま話を続けなければなりませんし、職場でプライベートと同じ態度でいると、周りにも迷惑になってしまいますよね。

同じ職場で付き合うことになると、何かと障害が出てくるものです。特に女性が上司の場合、公私混同にならないよう、人一倍気を付けているのかもしれませんね。仕事に支障が出ないよう、言動には気をつけたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数411件(22〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]