お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

いくら彼の頼みでも……。「コレだけは受け入れられない!」と思う結婚の条件3選

ファナティック

結婚するときにはお互いにいろいろと相手に対して条件を出したくなるもの。自分の一生に関わることなので、そう思う気持ちはわからないでもないですよね。ただ、いくら好きな人であっても「それは無理!」と思う条件もありそう。今回は、女性たちが「受け入れられない」と思う結婚の条件について聞いてみました。

■結婚後の働き方

・「仕事をやめて家のことだけをやってほしいと言われたら無理です。仕事はしたいです」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・「絶対に正社員で働くこと。結婚したら正社員は嫌なので」(27歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「専業主婦になってほしいと言われること。自分のほしいものは自分で稼いだお金で買いたいので働くことは続けたいです」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「ずっと正社員で働き続けること。仕事はパート勤務くらいで家事をやりたいし、子育てに専念したいなと思うから」(30歳/情報・IT/技術職)

結婚後も仕事を続けるのか働き方を変えるのかなど、自分で決めたことならまだしも彼から言われたことなら納得できないこともありそう。結婚後に子どもができたから、収入を増やしたいからという理由で変えるのでなければ、仕事については口出ししないでほしいと思う女性は多そうですね。

■実家との付き合い方

・「いきなり親との同居。結婚したての同居はキツイから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「実家にはあまり帰らないでほしい、などの束縛。耐えられなくなりそうだから」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「相手の親との同居や、介護をするのが結婚条件だったとき」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

結婚前から相手の両親との同居が決まっているのは、かなり憂うつになるという人も正直なところ少なくなさそう。彼にとって大事な家族だとしても、嫁姑問題などを考えるとできるだけ同居は避けたいですよね。せめて、数年は自分たちだけで暮らしたいというのが本音のようです。

■家計の管理

・「ほしいものは我慢したくないし、独身時代のときみたいに飲み会にはたくさん参加したいと言われたことがある。無理だと思った」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「財布を別々にする。お金を自分で管理したいから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

結婚していても共働きの場合は夫婦別会計にしたり、働き方に関係なく女性が家計を管理したりと夫婦間の金銭管理はいろいろ。自分にとってやりにくいなと思う方法を家計の管理の条件として出されることは受け入れられないという人も少なくないようですが、お金のことについては話しにくいので結婚前にきちんと決めておくことは大事ですね。

■まとめ

彼のことが好きだし、結婚に対する迷いもないけれど、「それだけは受け入れられない」という条件を出されると、結婚に対する決意も揺らぎそう。彼のほうから絶対条件として出されたのではなく、提案として持ちかけられたのなら話し合って妥協点を探すというのもアリかも。どちらにしても、結婚後に揉めることがないようお互いに譲れないところはきちんと解決しておいたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月17日~5月24日
調査人数:159人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]