お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

ぎゃあああ、お化けみたい……! 「やっちゃった」しくじり美容エピソード4選

ファナティック

女性に美容はつきもの。でも、何事においても、失敗というのもつきものですよね。初めから完璧にできる人などいません。それは美容だって同じこと。失敗を経て自身をよりキレイに、美しく見せられるようになるワケです。ということで今回は、美容に関するしくじりエピソードについて、働く女性の皆さんに聞きました。

■アイメイク

・「アイラインがいつまで経っても上手く引けなくて危うく仕事を遅刻しそうになった」(33歳/不動産/専門職)

・「目をぱっちりしたくてアイライナーを濃いめに書いたらよれていたこと」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「アイラインを引きすぎて歌舞伎の縁取りみたいになってしまったこと」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「流行だというピンク系のアイシャドウをつけたら殴られた痕みたいになった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

女性なら誰もが一度は経験があるのではないでしょうか。アイメイクは目立つ部分なので、その分、失敗も目立ってしまう……。アイシャドウは使いどころの難しい色が多々ありますね。

■ファンデーション・下地

・「ファンデーションの色をまちがってって買って、首と顔の色が違って、写真撮ったとき白塗りみたいで怖かった」(30歳/情報・IT/その他)

・「顔色より暗いファンデを選ぶのが通だと聞き、本来は一番明るい色なのに一番暗い色を使ったら老けて見られた」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「肌をキレイに見せようとファンデを塗りすぎたこと。夕方よれて汚くなった」(27歳/金融・証券/営業職)

・「あごまわりをシャープに見せるため濃いめのコンシーラーをつけたら、舞台俳優のようになった」(31歳/金融・証券/専門職)

ニキビや肌荒れを隠そうとして厚塗りしすぎると、失敗の元となってしまいますね。地肌に合ったファンデーションをしなければ浮いてしまいます。

■ノーズシャドー、チーク……

・「眉毛を濃く描きすぎて顔のバランスが悪くなった」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「アイプチをしたらノリが白くなってバレバレになってしまった」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「マスカラを重ね塗りして、まばらっぽくなってしまったこと」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「チークを塗りすぎて暑がっている人に見えてしまったこと」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「外人メイクにあこがれてノーズシャドーを使ったら、デーモン小暮閣下のようになった」(31歳/情報・IT/営業職)

アイラインよりは失敗しにくいものの、気をつけておかないとうっかりミスしてしまうアイブロー。チークも、慣れていないと「おかめ」になりやすいので注意ですね。

■ケア

・「小顔ローラーで、コロコロしすぎて赤くなった」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「無理に毛の処理をしたら肌が荒れてしまった」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「乾燥を防ぐために朝からしっかり保湿していたら顔がテカってしまったこと」(30歳/情報・IT/技術職)

・「クマを取るシールをはったら、目元がしょぼしょぼに」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「髪の毛をドライヤーで乾かしていない時期が続いたらバリバリで枝毛だらけの髪になってしまった」(25歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

肌に合っていない・やりすぎは肌荒れや失敗の原因になってしまいますね。繊細な髪質だと、ドライヤーを使わないだけで痛んでしまうでしょう。

■まとめ

様々な失敗を経て、どの化粧品が自分の肌に合っているか、どういったケアの仕方が最適なのか、キレイなメイクの仕方など時間をかけて、少しずつ自分のモノにしていきたいですね。ただ、「○○をやりすぎて失敗」というパターンが今回多く見受けられたので、やりすぎには注意です。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数158件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]