お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

語学力&専門技能のスキルアップを同時に目指せる!? 働き女子に人気の留学スタイル5選

橋村望+ガーラボ

一度は憧れる海外生活。最近では、1週間から行けるプチ留学や料理やヨガなど趣味を学びながら語学を習得するさまざまな留学プランが登場して、働く女子にも人気です。今回は、20代~30代の働き女子に人気の「留学スタイル」を5つ紹介します。

■GW、年末年始などに参加できる「プチ留学」

社会人に人気があるのは1週間~1カ月程度の短期留学。中でも、1週間程度の「プチ留学」はGWや年末年始に有給休暇を組み合わせれば、社会人でも参加しやすく、人気の高いスタイルです。一人旅をしながら語学を学んだり、ホームステイで現地の生活を体験するなど、楽しみ方はさまざま。クリスマス体験プランも毎年注目されています。

マイペースで学びたい人には、英語教師の自宅にホームステイして、看護やボイトレなど語学プラスアルファで学ぶプランがおすすめ。最近はヨガやダンス、料理、乗馬、サーフィンなどの習い事を組み合わせたプランも人気があります。

<プランの一例>
アメリカ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・アイルランド・フランス・イタリアなど(人気の留学先から目的別に留学内容を選択可能)
目的は語学・おけいこ(ダンス、スポーツ、アート、料理、音楽など)・語学試験対策などさまざまにアレンジ可能。
期間:1週間~4週間
費用:10万円代~(含:授業料・滞在費。交通費・保険代等は別)
http://www.joshiryu.com/?cat=151

■海外で働きながら語学も学べる「インターンシップ」

将来海外で働きたい人や帰国後、キャリアにつなげたい人に人気なのが、海外で働きながら語学も学べる「インターンシップ」です。留学先での職種はホテルやレストラン、料理、貿易、広告・マーケティング、出版、教育、アパレル、旅行など多岐にわたります。有料のインターンシップは責任が重く厳しい面もありますが、渡航費用を抑えられるメリットも。語学力に不安がある人には、インターンの前に語学をしっかり学ぶプログラムや日系の企業や団体で働くプランを選ぶと安心です。

<プランの一例>
ホテルやカフェ、フラワーショップ、弁護士事務所、旅行会社などさまざまな提携企業での有給インターンシップ(※レベルと目的に合わせてコーディネーターと相談)
期間:6カ月~
費用:約70万円~
http://www.joshiryu.com/?cat=250

■ボランティア活動を通じて語学を学ぶ

海外でボランティア活動しながら語学を学ぶという、留学スタイルもあります。1週間程度の短期間から長期滞在しながらフリータイムでボランティアに参加するなど、期間はさまざま。人の役に立つのが好きな人、社会に貢献しながら自分を成長させたい人、国際情勢や社会問題に関心のある人におすすめのスタイルです。ボランティアの内容もさまざま。幼稚園や養護学校、福祉施設のお手伝いや日本語教師アシスタント、環境保護などから関心がある職種を選べます。現地の人と交流する機会も多く、ネイティブ環境での会話を経験できるのも魅力です。

<プランの一例>
孤児院・動物保護・高齢者介護・英語教師・日本語教師・医療・幼稚園などでボランティア。滞在国は、オーストラリア・カナダ・アジア・アフリカ・中南米など
期間:1週間~
費用:約15万円~
http://www.joshiryu.com/?cat=471

■語学力&専門技能のスキルアップを同時に目指す

専門技術を磨くことに重点を置いた留学スタイルも人気があります。例えば、イタリアでジュエリーやファッションデザインを学ぶコースや、ニューヨークでアートやダンスを学ぶコースなど。オーストラリアでバリスタの資格を取得するなど国際ライセンスを取得するコースもあります。すでに日本で同じ専門分野で働いている人であれば、海外で学ぶことで国内の同業者と差別化できるのも、メリットのひとつ。もちろんその分野を新しく学びたいという初心者OKのプランもあります。学んだ技能を武器に、世界で活躍できるのが魅力です。

<プランの一例>
専門科目:英語教師、アーティスト、自然療法やタイマッサージなどの各種セラピスト、工業、服飾、グラフィックなどのデザイナー、バリスタ、シェフ、通訳、翻訳、音楽家、パティシエ、など多岐に渡る専門科目から選択できる。
期間:8日間~
費用:18万円~

■語学をしっかり学びたい人向けの中長期留学

語学をしっかり身に付けたい人には、なんといっても中長期留学プランが人気です。定番の英語はもちろん、フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語・韓国語なども注目されています。長期留学には学生ビザが必要になりますが、ワーキングホリデービザを取得して渡航する人もいます。ワーキングホリデーは、1年~2年の長期間(国によって上限が異なる)、語学を習得しながら働くこともできるビザ。語学力をつけた後は、自由に旅行をしたり、アルバイトをしたりと、海外でのさまざまな経験が楽しめます。

<プランの一例>
英語圏以外の語学留学も選択可能
期間:6か月~1年
費用:約60万円~
※ 語学留学はまとまった期間をあらかじめ申し込むと「長期割引」が適用される場合もある

■まとめ

海外生活をちょっと体験してみたいのか、キャリアアップに繋げたいのか、目的によって留学スタイルや求められる英語力も違ってきます。自分にはどんなプランが合っているか、予算や期間などシミュレーションしてじっくり検討してみましょう。

(橋村望+ガーラボ)

監修:留学ウェブマガジン『女子Ryu』http://www.joshiryu.com

お役立ち情報[PR]