お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ヘアスタイル

やっちゃってるかも……後輩女子は見た!「先輩女子の痛いメイク&髪型」4選

ファナティック

仕事の上では尊敬している女性の先輩でも、そのメイクや髪型に違和感を感じることがありますよね。心のなかでひそかに「ちょっと痛いかも」と思ってしまいます。そこで今回は後輩女子から見た「先輩女子の痛いメイクや髪型」について、本音を聞いてみました。

■アイメイクのやりすぎ

・「目のまわりが真っ黒。年齢を考えていないギャルメイクだったから」(27歳/電機/その他)

・「マスカラの重ねすぎ。不自然な感じがしてビジネスでは向かないと思ったから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「アイラインがっつり、アイメイクばっちりメイク。もう少し力を抜いたほうがよいと思った」(31歳/その他/クリエイティブ職)

多かったのが「アイメイクのやりすぎ」という声でした。目のまわりをアイラインで囲んだり、マスカラを重ねすぎてバサバサになっているアイメイクは、ビジネスシーンには合わないですよね。

■若すぎるメイク

・「糸のように細い眉。ペンシルで一本描いただけの眉は変です」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「ショッキングピンクの口紅。インパクトがありすぎるから」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「40歳を過ぎてのピンク色のチーク。年齢にしては若すぎるメイクに見えたから」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

糸のように細い眉毛やショッキングピンクの口紅、ピンク色のチークなども、年齢を考えないと「若すぎてちょっと……」と思ってしまいますよね。あまりにも眉毛が細すぎると、痛いというより怖いかも?

■ツインテールはちょっと……

・「ワンレンのパッツンストレート。お笑い芸人の永野みたいだから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ある日、前髪パッツンで現れた先輩。若い子ならかわいいが、アラフォーだとちょっと……」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「高い位置でのツインテール。ハタチ過ぎてからのツインテールはよっぽどのことがないかぎりキツイ」(32歳/自動車関連/技術職)

髪型ではワンレンのストレートや前髪パッツン、高い位置でのツインテールという声もありました。ワンレンはバブル時代に流行った髪型です。前髪パッツンよりも、ツインテールのほうが破壊力が高そうですよね。

■無理してます?

・「ある程度の年齢でまだカラコンをしている。無理しているように見える」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「白髪が見えていること。キレイなのに白髪のお手入れがあまりできていないと少しがっかり」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「35オーバーだけどいまだ金髪に近いストレート。それくらいの歳なら黒髪ストレートや落ち着いた茶のほうが大人っぽくて素敵」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

他にはカラコンやお手入れしていない白髪、金髪に近いストレートヘアなどが挙げられました。カラコンはともかく、白髪をケアしていない女性は老けて見えますよね。金髪に近いストレートヘアも、年齢を考えないと厳しいかもしれません。

■まとめ

後輩女子から見た「先輩女子の痛いメイクや髪型」には、アイメイクのやりすぎやツインテールまで、さまざまなものがありました。メイクや髪型が年齢に合っていないと、後輩女子は「ちょっと痛いかも」と思うようです。自分が後輩女子からそう思われないためにも、気をつけたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数121件。22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]