お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ひょっとして古いって思われてる……!? 実年齢より老けてみられるNGメイクの特徴・4つ

ファナティック

女性は化粧ができるからおトクだといいますよね。でも、メイクの仕方によっては、実際の年齢よりも老けてみられるマイナス要素も。実年齢より老けてみられるメイクの特徴って何だと思いますか? 働く女性に聞いてみました。

ファンデーションの厚塗り!

・「ファンデーションの厚塗り。そうしている人は実年齢より老けているように見えることが多いと思うから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「ファンデーションの厚塗り、肌の色に馴染(なじ)まない派手な色のリップ」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「ファンデーションの厚塗り、濃い色の口紅は老けてみえると思う」(31歳/金融・証券/専門職)

ファンデーションを厚く塗れば、毛穴やシミなどをカバーできます。とはいえ、厚塗りは見た目に顕著。こってり塗ると男性の目にもわかりやすいです。下地のほうで工夫するなどをして、ファンデーションを重ねすぎないようにしましょう。

濃すぎるアイメイク

・「ひと昔前の化粧。アイシャドウが濃すぎるメイク」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「厚塗り。特にアイメイクを濃くしていると老けて見える」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「青いアイシャドウを濃く塗るなど、昭和っぽいメイク」(32歳/生保・損保/営業職)

力の入れどころをまちがえると大変なアイメイク。目は注目されるパーツなだけに、メイクの流行の移り変わりが明らかです。濃くするとギャル系やバブル風になりますよ。狙ってするならともかく、トレンドは意識しておいたほうがよさそうですね。

眉が古い!

・「眉が不自然にもっさりしてたり、不自然な色で書いてる場合」(34歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「眉毛が極端に細い人、リップの色が派手すぎる人は時代を感じさせるので老けて見える」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「眉毛が濃い、長い、角度がキツイ、シャドウの色が変」(30歳/学校・教育関連/専門職)

眉のメイクは世相を表すといいますね。90年代は細い眉がトレンドでした。最近のように思う人もいるかもしれませんが、20年前ですよ! 現在は太眉がリバイバル中です。とはいえ、眉そのものも整えていないとやぼったいので注意が必要ですね。

色がないってどういうこと?

・「色をおさえすぎ、または派手にしすぎな気がします。年齢相応の色遣いが必要」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「リップやアイシャドウをせず、色味がなくシンプルすぎるメイク」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「色味がなく、たるんでいるとき」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

一面ベージュの生地があったとします。見ているとだんだん、ボタンや刺しゅうなどのアクセントがほしくなるのではないでしょうか? 顔も同様に、あまりにヌーディ―だと地味で、かえって老けて見えるよう。ナチュラルメイクにこだわりすぎないようにしたいですね。

まとめ

さて、いかがですか? お化粧をする上で、大切なのは配色。濃すぎたり薄すぎたりすると、一気に老け顔になってしまうことがあるようです。若く見せるためには、バランスが大切。顔全体の色遣いにメリハリをつけて、今風の顔を手に入れましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月8日~4月11日
調査人数:152人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年04月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE