お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が考える「痛いファッション」12選 「ドール系」「若作り」「ジャージ」ほか

ファナティック

通勤のときは無難なOLスタイルの服を着ている人でも、プライベートでは自分の好きな趣味全開の服を着る人も多いのではないでしょうか。でももしかしたら、男性から見ると「痛い……」と思われているかも? 今回は男性陣に「痛いファッション」について聞いてみました。

個性が強すぎるファッション

・「ゴスロリ系、趣味としては構わないが街中に出てほしくない」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「パンクファッション。自分の守備範囲外」(27歳/その他/その他)

・「ドール系ファッションかお姫様系ファッション。自分が苦手だから」(34歳/その他/その他)

多かったのはゴスロリ系やパンク系など、個性が強いファッションでした。ドール系ファッションなどはかわいらしいですが、男性から見ると「守備範囲以外」だと思われてしまうようです。

色使いが派手すぎるファッション

・「色彩のどぎつい衣装を着たファッション」(36歳/情報・IT/営業職)

・「ショッキングなピンクを多用した目がチカチカしそうなファッション」(31歳/情報・IT/営業職)

・「色味が派手過ぎるファッション。大概似合ってない」(36歳/警備・メンテナンス/その他)

「色彩がどぎつい」や「ショッキングピンクを多用」など、カラフルすぎるファッションも男性には不評のようです。ちょっと派手目な色の服を着るときは、組み合わせにも注意したほうがよさそうですね。

若作りしたファッション

・「見た目、年齢に合わない服を無理して着ていると痛いなと思う」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「年齢を考えずに無理に若作りしたファッション。年齢相応の服装にしてほしい」(36歳/機械・精密機器/その他)

・「五十路なのにミニスカートなど、年相応でないファッションは痛く思う」(27歳/機械・精密機器/その他)

ミニスカートなど、実年齢よりも若く見せようするファッションも「痛いなと思う」という声が続出でした。「年相応のファッション」と言われても、具体的にどんな服装ならいいのか難しいところです。

ほかにもある「痛い」ポイント

・「ジャージやスウェット。ださいから」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「やたら胸を強調したりしているファッション。普段からするものではないと思う」(37歳/自動車関連/技術職)

・「キャラクターのTシャツを着てくる人。十代ならまだしも似合ってない」(32歳/その他/その他)

ジャージーやスウェット、胸を強調するような服やキャラクターのTシャツなども「痛いファッション」だと思われているようです。いくら好きな服でも、TPOに合わせた服装選びは大事ですよね。

まとめ

男性のみなさんに「痛いファッション」を聞いてみたら、個性的なものからキャラクターものまでいろいろなファッションが挙げられました。中でも「若作りしたファッション」という意見にはドキッとしてしまいますよね。彼とデートのときは「そのファッションはちょっと……」と思われないような服装選びをしたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数248件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年04月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE