お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼女を選んでよかった! 男性が彼女にほれ直した瞬間10

ファナティック

ずっと一緒にいるとお互いの悪いところばかりが目についてしまうもの。こんな状態に陥ったら「ほれ直し」作戦を決行! 社会人男性に「彼女にほれ直した瞬間」について聞いてみました。ケンカが増えてきたときは、こんな自分の一面を彼氏に見せてみては?

家事上手をアピール

・「料理が上手だった。手作り料理を食べたとき、『お、こいつやるじゃん』って思った」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「彼女の部屋がきれいに整頓されていて、家具も色合いがまとまっている。家事・炊事も完璧にやっている」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「家の冷蔵庫にある材料で、とてもおいしいチャーハンを作ってくれたから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

彼女の家事の実力を見て、ほれ直してしまう男性は多いよう。普段は仕事が忙しくて家事を適当にこなしがちな女性なら、たまには踏ん張って家事力を発揮してみるのもいいかもしれませんね。きれいな部屋と豪華な手料理を用意して、彼氏を家に招いてみては?

優しい気遣いを見て

・「飲み会で誰とも話していない人に積極的に話していたこと。周囲に気を使えるしっかりしたやつだと感じたから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「お年寄りに親切にしていた。優しい人が好きだから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「電車ですぐにお年寄りに席を譲ろうとしたとき。優しい性格を再認識したから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼女のこんな親切な振る舞いや優しい気遣いを見て、「ほれ直した!」と感動してしまう男性もいました。こんな振る舞いが自然にできる女性は、確かにすてきですよね。彼氏といるときだけでなく、日ごろから習慣として身につけておきたい!

看病しに来てくれた

・「風邪をひいたときに、仕事帰りで疲れているのにご飯を作りに来てくれた」(26歳/農林・水産/技術職)

・「病気のときに泊まり込みで看病してくれたことにほれ直した」(33歳/機械・精密機器/技術職)

体調不良のときにやさしく看病してくれると、ついホロッときてしまうもの。また体が弱っているときは誰かがそばにいてくれるだけでも、ホッとしますよね。彼氏が風邪をひいたときは、彼女のありがたさを身に染みてわからせるチャンスかも?

自分を好きな気持ちが伝わってきたとき

・「自分の誕生日を覚えてくれていたこと。サプライズでもケーキなどを用意してくれるとうれしい」(28歳/情報・IT/技術職)

・「自分のことを好きでいてくれていることを実感したとき」(32歳/小売店/事務系専門職)

つきあいが長くなると女性も「言わなくても、好きってわかってるよね」になりやすいもの。ただたまには言葉や行動に「好き」をあらわしてみるのもいいかもしれません。彼女から好きな気持ちが伝わってくると、幸せになりほれ直してしまうという男性も。

そばにいるのが当たり前な存在になってくると、2人でいることの感動が薄れがちに。たまにはこんな「ほれ直す瞬間」を彼氏にプレゼントしてあげるのもよさそう? いつまでもラブラブな2人でいられるかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年04月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE