お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ファッション全般

男性が思う、“女子の春ファッション”の「セクシー」と「下品」の境界線

ファナティック

寒い冬も終わりに近づくと気になるのが春らしいファッション。女性が薄着になるとそれだけでセクシーに感じる男性もいそうですが、セクシーさもやり過ぎると下品になってしまうもの。今回は、春ファッションの「セクシー」と「下品」の境界線について男性たちに聞いてみました。

露出がすぎると下品

・「セクシーは適度な露出で、過度な露出は下品に感じる」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「春なのに胸の谷間を強調するような服を着るのは下品で、ぴったりしたシャツを着るのはセクシー」(36歳/情報・IT/技術職)

・「素足はセクシーだが、サンダルまでいくと先取りしすぎてただの露出で下品かと」(32歳/マスコミ・広告/儀重職)

適度な露出はセクシーだと感じるけれど過度な露出は、ただ下品に見えるだけという男性も多いようです。谷間を強調するような洋服よりは、ぴったりと体にフィットするものでボディラインを強調する方がよりセクシー。春のサンダルもまだ先取りしすぎな印象があるようです。

インナーが見えるとNG

・「体型の強調はいいが、下着が透けているのはヤダ」(28歳/金融・証券/専門職)

・「シースルーでカラーのきれいなインナーが見えるのはセクシーだが、それを考慮してないと下品に感じる」(38歳/その他/技術職)

・「わざと下着を見せてるかのようなスケスケの白いワンピース姿は下品。胸元が少し見える感じのスケスケじゃない明るい色のワンピース姿はセクシー」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

見えそうで見えない透け感のある素材自体は軽やかで良いけれど、見せるためのインナーにまで配慮していないのは下品に感じる人も。見せブラ、見せパンだとしても男性からしてみると下着を見せられるとセクシーさを通り越して、下品にしか思えなくなるようですね。

肩出しはセクシー

・「肩見せはセクシー。ヘソ見せは下品」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「肩見せはセクシー。ボタンの開けすぎは下品」(24歳/運輸・倉庫/その他)

・「お腹を見せると下品」(31歳/自動車関連/その他)

普段はあまり見えない肩が見えているのはセクシーだという男性も多いみたいです。ただ、胸元のボタンを開けすぎているのは下品だし、お腹見せもあまり良い印象はなさそう。春の爽やかな印象にぴったりな肌見せは、肩などのいやらしさを感じさせない部分なのかもしれませんね。

まとめ

セクシーなファッションというと一番に思い浮かぶのは「露出」ですが、やり過ぎはセクシーさではなく下品な印象になってしまうようです。足元で肌見せをしたら上半身は露出を控えめにするなど、肌の露出にもメリハリが大事。きゃしゃな鎖骨から肩口をチラ見せするのも男性をドキッとさせる効果大。薄手の素材が増えてくるので下着が透けて見えないかというのもしっかりチェックしたいところですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数89件(22歳~39歳の働く男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]