お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スポット

「ごはんタイム」に萌死! 子猫がいっぱい猫カフェ「MoCHA」

さとうまほ/Pistachio

「ネコノミクス」と言われ、猫の人気が急上昇している2016年。なかでも趣向をこらした内装やサービスなどで猫好きの心をつかみ、ブームとなっているのが「猫カフェ」です。そんななか、昨年7月の池袋店に続き、渋谷に2号店をオープンした「MoCHA(モカ)」は、きれいでファッショナブルな雰囲気から“オシャレすぎる猫カフェ”として大きな話題となっています。

「MoCHA 渋谷店」ってどんなお店?

渋谷駅から徒歩5分ほどの場所にある「MoCHA 渋谷店」。コンセプトは、“おしゃれで誰でも立ち寄れる猫カフェ”です。座り心地のいいソファ席やお一人さまにうれしいカウンター席が用意され、落ち着いた雰囲気に包まれた店内は居心地抜群。シックな色合いを基調としたおしゃれなインテリアは、猫カフェらしさを感じさせないので、普通の猫カフェじゃ物足りない! という方にもおすすめです。センスあふれるアイテムがちりばめられた様子がSNS映えすることもあり、来店情報をアップする方も多く見られます。

猫カフェとは思えないオシャレな雰囲気

猫カフェとは思えないオシャレな雰囲気

ブラウンでまとまった店内は、普通の喫茶店みたい!

ブラウンでまとまった店内は、普通の喫茶店みたい!

また、英語対応スタッフが在籍しているのも同店の魅力。英語版Webサイトも充実しており、外国人のお友達を案内するのにもぴったりです。幅広い人々に向けて、日本の猫カフェ文化の魅力をアピールしています。

ゆらゆら揺れるハンモックでリラックス効果抜群

ゆらゆら揺れるハンモックでリラックス効果抜群

MoCHA 渋谷店のかわいい猫ちゃんたちをご紹介

「MoCHA 渋谷店」の猫スタッフは、約30匹。ほとんどが子猫なので、ちびっこならではのキュートなしぐさにノックアウトされる人が続出しているよう。特に注目の猫スタッフを紹介します。

甘えん坊の「小肌」くんは、活発に動き回るスコティッシュフォールドの男の子。おちょぼ口が特徴です。

甘えん坊の「小肌」くんは、活発に動き回るスコティッシュフォールドの男の子。おちょぼ口が特徴です。

短い脚で歩く姿がキュートなマンチカンの「あずき」ちゃん。ふわふわとした毛長さんなので、つい触りたくなってしまうかも。

短い脚で歩く姿がキュートなマンチカンの「あずき」ちゃん。ふわふわとした毛長さんなので、つい触りたくなってしまうかも。

好奇心旺盛なイケメン猫「マロン」くん。ソマリらしい精悍(せいかん)な顔つきに、見ほれるファンも多数いるとか。

好奇心旺盛なイケメン猫「マロン」くん。ソマリらしい精悍(せいかん)な顔つきに、見ほれるファンも多数いるとか。

スタッフさん教えて! おすすめの時間帯

店内を元気いっぱいに遊びまわる子猫たちは、お客さまにも興味津々です。自分の方から近づいてきてくれる好奇心旺盛な子が多いため、「寝てばかりで遊んでくれない」、「猫が少なくて触れ合えない」という心配はほとんどなし。フラッシュさえオフにすれば撮影もOKなので、子猫たちがじゃれあう姿をパシャリ! なんて楽しみ方もできちゃいます◎

お客さんに興味津々!

お客さんに興味津々!

「ごはんタイム」は、10時30分/19時30分の1日2回。思い思いに過ごしていた猫たちが、みんなで集まってごはんを食べる姿は必見です。「お店がまだ混んでいない開店直後や、人が減ってきて猫たちがまったりとしている夜20時すぎもねらい目です」と、スタッフの鈴木さん。

みんなが勢ぞろいするご飯タイムは壮観です。

同店は予約を受け付けていないため、混雑が予想される休日は早めの来店がおすすめ。平日の会社帰りや夜勤明けに立ち寄るのもいいでしょう。オシャレで落ち着いた「MoCHA渋谷店」で、猫たちと癒やしのひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

■MoCHA渋谷店

場所:東京都渋谷区宇田川町32-12 アソルティ渋谷8F・9F(受付8F)
電話:03-6455-3503
営業時間:10時~20時(最終入店19時30分)年中無休
料金:10分につき200円/ドリンクバー350円/猫のおやつ500円(※数量限定)※すべて税抜表記、小学生以下入場不可
URL:http://catmocha.jp/

(さとうまほ/Pistachio)

次回の「猫好きのためのおでかけ情報」は、3/2(水)更新予定です。お楽しみに! 
※毎週水曜更新

>>>「猫好きのためのおでかけ情報」バックナンバーはコチラから

お役立ち情報[PR]