お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

貯めたい女子必見! 確実に貯まる貯金術4選

ファナティック

給料が入ると、ついつい使いすぎてしまい、月末に苦しい思いをしている人もいるのでは? 社会人女性なら、計画的にお金を使って、確実にお金を貯めたいところ。そこで今回は女性のみなさんに、確実に貯められる貯金術について教えてもらいました。

<確実に貯められる貯金術>

■自動積み立て

・「給料が入ったら自動で積立口座に入るようにしている」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「給料日に自動で定期貯金に振りわけられるようにする」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「給料から一定額を自動振替するなど」(24歳/その他/事務系専門職)

貯蓄のために、給料の一部を定期預金にしている人もいるようです。定期預金であれば、総合口座通帳で通帳もひとつにでき、管理も楽になります。自動振替であれば、ムダ遣いをすることもありませんよね。

■先取り貯蓄

・「給料をもらったら、先取りで別口座に積み立てる」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「給料日に決まった額を貯金用の口座に移す」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「貯金額を決め、残ったお金で生活する」(29歳/自動車関連/技術職)

給料が振り込まれたら、その一部を貯蓄用の別口座に移すのも効果的ですね。この方法なら、困ったときにも簡単に引き出すこともできるので安心です。

■財形貯蓄

・「給与から天引きで財形貯蓄」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「会社に財形制度があれば利用する」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「財形。勝手に貯まってくれる」(28歳/電機/営業職)

給料から天引きする方法で、財形貯蓄を利用している人もいるようです。これは、会社が対応していなければなりませんが、少額からでも簡単にできるのが便利かもしれませんね。

■口座の使いわけ

・「毎月使うお金の金額をしっかり決めておく。貯蓄用と生活費用と通帳をわける」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「貯金用の独立した口座を持つ」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「貯金と小遣いの口座をわける」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

口座をいくつか持って、用途によって使いわけている人も多いようです。口座をわけることで、残高の管理がしやすくなりますよね。貯蓄用を別にしておくことで、お金を貯めることもできるようです。

<まとめ>

多くの人が口座をわけて、貯蓄用を別にしているようですね。特に、定期預金などでは、基本的には満期までは引き出しができないので、ほぼ確実に貯蓄することができます。財形貯蓄もそうですが、簡単にお金を出し入れできないようにすれば、貯蓄しやすくなるということですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマンにて2015年11月にWebアンケート。有効回答数166件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]