お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

いくつ知ってる? 「生理」以外の月経の呼び方12選

ファナティック

生理のことを「月経」と呼ぶ女性はあまりいないと思われますが、「生理」とずばりそのもので呼んでいる方も少ないかもしれませんね。そこで今回は女性のみなさんに「月経」と「生理」以外での呼び方について、お話を聞いてみました。

月のもの

・「毎月のもの」(33歳/情報・IT/技術職)

・「月のもの」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「お月様」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

毎月くるものなので、「月のもの」と呼んでいる方も多いようですね。また、ほかにも月といった単語を用いて、表現していることも多いようです。適度にぼかした表現かもしれませんね。

女性の日

・「女の子の日」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「女性週間」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「レディースデイ」(28歳/生保・損保/営業職)

女性がなる生理だから、女性を意味する言葉をつけて、生理を意味しているものもあるようです。女の子と表現しているものもあれば、英語でレディースと表現しているものもありました。

ほかにも呼び方いっぱい!

・「アレ」(34歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「ブルーデイ、女の子の日、月のもの」(33歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「めでだい日」(30歳/電機/技術職)

・「あの日」(25歳/情報・IT/技術職)

・「アンネの日、お月様の日」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「メンス」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

ほかにも生理を意味する用語は、多くあるようです。「あの日」や「アレ」と表現していたり、「メンス」や「アンネの日」と表現するなど、知らない人にはまるで暗号のようですね。

まとめ

年代や地域などによっても、生理のことを表現する方法は異なってくるのかもしれませんね。特に男性の前で生理であることはバレたくないものです。いろんな言い方をして、バレないようにしたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数159件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]