お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女子の本音炸裂! 「痛々しい女」ってつまりこういう人

ファナティック

本人は気づいていないけれど、まわりの人には「あの子、ちょっと痛いよね」なんて言われている女性っていますよね。見た目だったり、言動だったり、痛々しさを感じさせるポイントは色々ありますが、周囲の人からはドン引きされている。今回は、そんな「痛い女性の特徴」について同性目線で語ってもらいましょう。

自分アピールが強い女

・「SNSで気を引くような過去の暴露話や不幸話。自傷の写真を載せるなど」(30歳/その他/その他)

・「とにかく負け惜しみや強がりを言って、自分が頑張っていることをアピールしたり自分を正当化しようとしたりする」(33歳/その他/その他)

・「私なんて~と、被害妄想っぽい感じで話して同情を買いつつも、ほかの人が目立ってると自分が自分がみたいに前にでしゃばって目立とうとする人」(32歳/その他/その他)

「私なんて」とか「どうせ」といった自己否定をしつつ、本当のところは「そんなことないよ」と言ってもらいたくてしょうがないかまってちゃん。自分アピールの方法がちょっと間違ってるんじゃないかと思いますが、まわりの人の気をひきたいという気持ちが痛い行動に繋がっているみたいですね。

思い込みが激しい女

・「アラサーになっても現実にはほとんどいないであろう理想の男性像を熱く語る」(31歳/その他/その他)

・「いい年になっていても、芸能人にガチ恋をしていて、本当に付き合っているかのようににおわされたとき」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「ふられた原因について、全くの妄想と思われる解釈を、まわりがどんなに否定しても曲げない人」(28歳/情報・IT/営業職)

・「異性にじろじろ見られて嫌だったと嬉しそうに話をしているおばさん」(28歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

理想の恋人象を追い求め続けることは悪いことではないものの、好きな芸能人とあたかも付き合っているようにまわりに話すというのは思い込みが激しすぎですよね。男性に振られたときにも自分を正当化するような理由を作り上げて、それを自分に信じ込ませる。妄想とも言える思い込みは、まわりの人をドン引きさせてしまいそうですね。

変な強がりを言う女

・「ふられまくっているのに、どうせ自分には合わなかったんだから良かった、と毎回言っている人」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「合コンや飲み会によく行くのに、彼氏がいなくてもさみしくないしそういうちゃらちゃらした出会いの場は苦手、と言い張る」(29歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「婚活をしているのに、別に結婚とか興味ないとか言っている人。普通に探してるって言ってくれたほうがこっちも気を使わなくていいのにと思う」(33歳/その他/その他)

彼氏にふられても「自分には合わない人だった」、婚活しつつも「結婚に興味ない」。まわりからすると強がりにしか見えない発言も女性を痛々しく見せてしまうようです。普通に「彼氏募集中」と言ってくれた方が、変に気を使わなくてもいいのに、強がられると触れていいとこなのかどうか迷っちゃいますよね。

まとめ

周囲から注目してもらいたいけれど上手に自己アピールできない、自分に正直なあまり思い込みの激しい女になっている。痛々しいと思われる女性って、自分好きでまわりがよく見えないタイプの女性と言えそうですね。最初のうちこそ、話を聞いてくれたり、相手になってくれたりする人もいるでしょうが、いつもこんな感じだとまわりの人もウンザリしてしまいそう。「痛い人だよね」と言われないためには、自己アピールするだけでなくまわりの空気を読む必要もありそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年12月にWebアンケート。有効回答数402件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]