お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

笑ってごまかせ……ないよね!? 私の強烈オナラエピソード!「空気清浄機のニオイレベルがマックスに」

ファナティック

女子なら外ではどうしても我慢してしまう「オナラ」。生理現象だから仕方ないとはいっても、まわりの目がある場所で盛大にやってしまうのは恥ずかしいもの。しかし、そんな心構えはときに思わぬエピソードを生んでいるようです。今回は、「オナラ」の強烈エピソードについて、働く女子のみなさんに直撃してみました!

■オナラの音で……

・「便秘が続いて、おなかが張っていたときにオナラをしたら、飼っているうさぎが飛び跳ねてビックリしていた」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「誰もいないと思ってしたら、すごい音が出て、隣にいた犬が逃げた」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

こっそりオナラしようと思うときに限って大きな音が出てしまうもの。オナラの音で動物をビックリさせてしまったというエピソードが多く集まりました。

■何かの拍子に

・「笑った瞬間に大音量でしてしまい、好きな人にも友だちにも笑われた」(29歳/その他/専門職)
・「初めてのゴルフコンペで気合いを入れて振り切った瞬間、『ブーーー!』となったこと」(26歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「くしゃみしたときに、彼の前でしてしまい恥ずかしかった」(25歳/医療・福祉/専門職)

笑ったりくしゃみをしたりといった気を抜いてしまう動作はとても危険。自分でも気づかないうちに「プッ」とやってしまうみたい。

■我慢したいときに限って

・「電車に乗っていてオナラが我慢できず、大きな音で出てしまった。次の駅で急いで降りた」(26歳/情報・IT/技術職)
・「中学生のときに、体育座りをするとオナラが出やすかったので、朝礼のときに座っていたら出てしまったこと」(34歳/その他/その他)

好きな人が隣にいるとき、大事な会議の場面……我慢しておきたいときに限って我慢できず、しかも大きなオナラが出てしまうのはトラウマもの。生理現象とはいえ、へこみたくなる気持ちもわかります。

■ニオイは殺人級!?

・「便秘が続いているとものすごくくさく、以前友人と箱根に旅行に行ったとき、電車の中で我慢できずにこっそりオナラをしてしまったら、強烈なニオイだったので『車内でも硫黄のニオイがするなんて、箱根ってヤバイね』と言われた」(24歳/生保・損保/事務系専門職)
・「オナラした瞬間に空気清浄機のニオイレベルがマックスになって、うなり声をあげて動き出したこと」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

女性は便秘になりがちなもの。そうなると、そのときのオナラのニオイは強烈。逆に言えば、ニオイの度合いで健康状態も把握できると前向きに捉えられるかも!?

■まとめ

他人事と笑うにはリアルすぎて、思わず「あるある」とうなずいてしまうエピソードもあるのでは。オナラは確かに恥ずかしいと思ってしまいますが、我慢しすぎるとさらに最悪な形となって出てしまうことも。あなたにも、こんな強烈なオナラに関するエピソードはありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数148件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]