お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 金銭感覚

コレに弱い! “ムダ使い”とわかっていても「やめられないもの」3選

ファナティック

頭では「これはムダ使いだよな……」とわかっていても、いざその場になると我慢できず、ついつい買ってしまうものって、ありますよね。今回は、女性のみなさんに「ムダ遣いだとわかっていてもやめられない『お金の使い方』」について、教えてもらいました。

■美容アイテム

・「ボディクリームやスキンケア用品は安いものもあるのに、ある程度いいものを買ってしまう」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「プチプラコスメ。使い切れずに増えるから」(29歳/その他)

・「高い美容液。効果があまりないのに期待して買ってしまう」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

「これ、いいかも!!」と思うと、ついつい買ってしまう美容グッズ。化粧品など、1回使ったきりで眠っているモノがいっぱいある、なんて人も多いのでは……? アイシャドウやリップなどのカラー系のコスメは、色ちがいでほしくなったりもするんですよね。

■食欲に負けて……

・「デパ地下での衝動買い。食べたら脂肪になるだけ……」(27歳/情報・IT/技術職)

・「コンビニで買うスイーツ、勢いで買って、その日のうちに食べないことも多い」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「ポテトチップスが好きで、コンビニに寄ってついつい買ってしまいます。もっと体にいい食べ物にお金を使ったほうがいいと思います」(30歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「お菓子。食べないほうがいいのに、買ってしまう」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

食べれば、それだけ体重が増えてしまうとわかってはいても、体が言うことをきかない……。特に、コンビニなどでの“ちょこちょこ買い”ニは要注意!

■本屋へ行くと、ついつい……

・「マンガを買うこと。電子書籍も使用しているので、物が増えるのになっていつも思っています」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「好きな雑誌など書籍代。どうせ数年後には売ったり捨てたりするので」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「マンガ。本屋さんに行くと、つい予定外のおもしろそうなものも買ってしまうが、結局1度しか読まないから」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「本。好きな作家の本が出てるのを見ると諦められないから」(32歳/印刷・紙パルプ/営業職)

本屋さんへ入ったら最後、出るときには重い袋を持っている、なんて人も多いのではないでしょうか? 久しぶりに本屋さんへ行くと、おもしろそうなマンガや雑誌などが目についてしまい、手にとってしまうものです。娯楽のための出費は決して悪いことではないと思いますが、際限なく購入してしまうことがないよう、気をつけたいものです。

<まとめ>

すべて我慢すると、日々の生活における楽しみがなくなってしまいますよね。だから、ムダだとわかっているお金の使い方を「絶対にしてはいけない」というわけではありません。ただ、自分の財布の中身をしっかり確認して、「これ以上はやめよう」とときには財布の紐を堅くすることも大切ですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年11月17日~11月18日
調査人数:410人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]