お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ファッション全般

男性が思わずトキめいてしまう、上司や同僚のファッションとは?

女性のファッション

上司や同僚に会うのは基本的に会社の中だけ。飲み会なども普段は会社帰りということが多いので、めったに私服を見る機会もありませんよね。それだけにたまに見る上司や同僚の私服姿ってそれだけで新鮮に感じてしまうもの。今回は、私服姿を見て「意外と好みかも」と上司や同僚にときめいた瞬間について男性たちに聞いてみました。

■意外とスタイルがよかった

・「普段は地味な格好の同僚だが、休日のBBQの際はTシャツで、実はプロポーションがすごくいいことがわかりときめいた」(38歳/電機/技術職)

・「体のラインが出る服で来ることがあるときスタイルがよくときめいた」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「スーツ姿しか知らない女性同僚をたまたま見たとき、意外にスレンダーで驚いた。センスも独自のものがありそうで好感を持った」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

スーツ姿しか見たことがなかった同僚の私服をたまたま見かけたらセンスもよかったし、何よりもスタイルの良さに驚いてしまったという男性もいるようです。仕事中はどちらかといえば地味めな女性なので目立たない感じなのに、私服ではシンプルな服もカッコ良く着こなせるスタイルの良さというのは、かなり好感度のアップするギャップみたいですね。

■普段と真逆のイメージの私服だった

・「普段はイマドキの若者という感じの後輩女子の私服が地味なもので好印象だった」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「仕事のときはスーツできれい目な女子が、私服のときはキュートでニット帽をかぶっていた」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「ギャル系の子だと思っていたのに、意外と清楚な服装をしていてときめいた」(32歳/小売店/事務系専門職)

パッと見はギャル系、いかにもイマドキの女の子といった感じなのに、私服は清楚で地味というのも男性にとってはいい意味でのギャップのようです。同じように、仕事のときはキレイ系なのに私服はキュートな感じといった真逆なイメージのファッションは、意外性が大きくて印象に残るみたいですよ。

■私服がセクシー系だった

・「普段は堅苦しいファッションだが、プライベートでは露出度の高いキャミソールやホルターネックを着ていた」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「シースルーのシャツを見て、セクシーに感じた」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「いつもスーツ姿の女子のミニスカート姿を見たとき」(26歳/電機/技術職)

オフィスに露出度の高いセクシー系の洋服を着てくるとヒンシュクものですが、私服となると話は別。仕事はカチッとしたスーツ姿、私服は肌見せのセクシー系というのは、かなり男性たちを喜ばせるギャップのようです。普段は隠されている部分が見えるというだけでドキドキしてしまうのでしょうね。

■まとめ

上司や同僚は女性といえどもあくまでも仕事上での付き合いと割り切って見ている男性は多いでしょうが、仕事中と私服でドキッとするようなギャップを見せられるとさすがにドキドキしてしまうこともあるようです。普段は、特に自分の好みでもないしそれほど意識していたわけではなかったのに、私服になってスタイルがいいことがわかったらときめいてしまった。いかにも男性らしい意見ですが、やっぱりボディラインがわかる洋服って男性ウケがいいことは確かなようですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数99件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]