お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

ウザすぎ! 他人の不幸自慢4選 「太りたいのに太れない」ほか

中澤美紀子/OFFICE-SANGA

ウザイ人

特にSNSで見かける、「不幸な自分」や「大変な毎日」をアピールする人たち。でも、どう考えてみても、本人の責任だったり、それほど悪い状況に思えなかったり。同情できない面が多々あります。聞いていてウンザリする他人の不幸自慢とは? 働く女性たちに聞きました。

■「私って働き者でしょ!」アピール

・「仕事が多忙すぎて寝ていないという寝てない自慢。単に仕事ができないだけでは?」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「『毎日8時に家を出て21時に帰る生活で疲れMAX。はあ。もっと世間一般的な生活したいなあ』とSNSで毎週毎週つぶやいていた友だち。そりゃ、9時17時みたいな生活したいし、残業する人がエライわけでもないけど、6時に家を出て0時前に帰る生活をしているので、『その程度でなにその疲れ自慢……』とイラッときてしまった。どんな内容でも、疲れ自慢自体聞きたくない」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「バイトのくせに『俺がいないと店がまわらない』自慢。しょせんバイトなのに」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「商社勤務で海外出張が多い友人の、時差で体調が悪い自慢」(24歳/その他/事務系専門職)

・「SNSで仕事が忙しいと書く人。書く時間はあるのに? 同情してほしいだけ? と思う」(30歳/団体・公益法人・官公庁)

仕事熱心な自分を認めてほしい、尊敬されたいと思っているのでしょうか。適度に寝ないと結局は仕事の能率が落ちると思うのですが、彼らにとって、睡眠時間が少ないことは勲章のようです。もしや、ブラック企業で働いているのでは?

■愚痴のような単なるノロケ

・「『彼がしつこすぎて家にいたくない』、じゃっ『別れれば?』って思う」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「夫がムカつくとマイナスエピソード、結局はうまくやっているのにわざわざ愚痴を交えて語らないでほしい」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「イヤな人にばっか飲みに誘われるというモテるアピール」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「恋人とのケンカ自慢。結局はノロケのようなものだから」(24歳/食品・飲料/専門職)

「自分はその気がないのに、男性が言い寄ってきて困る」という話をしたがる女性。よく聞くと、誰にでも言い寄りそうなチャラ男や、ほかの女性が敬遠しそうな男性ばかりに好かれています。本当にモテる女性なら、もっとハイスペックな男性と付き合っていると思うのですが……。

■常に自分が被害者面

・「まわりの人にイヤな人が多いという話。他人は自分の鏡って言うけど、って思う」(26歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「『ついてない』とか、『私ばっかり』とか……努力しろよ!」(30歳/生保・損保/営業職)

・「彼氏にだまされてばかりの友人はいつもその話ばかりするが、少しは学んでほしい」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

出会った人をことごとく悪く言う人を見かけます。いかにも相手の性格に問題があるかのような言い方をしますが、じっくり観察すると、言っている本人がトラブルメーカーであることも。なのに、常に相手が悪者で、自分は被害者だとアピール。理解しづらいですね。

■細身女子の無神経な発言

・「食べても太らなくて困る自慢。うらやましくてイラッとする」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「『おなかが出てきてツラい』と言われたが、どう見てもガリガリの同僚にイラッとする」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「太りたいのに太れない」(33歳/医療・福祉/専門職)

いくら食べても太らない、代謝がよすぎる女性たち。好きなものを存分に食べられて、うらやましい限りです。痩せすぎで真剣に悩んでいて「もっと太りたい」と口にする人もいますが、自慢に思われてしまうことも。細身女子は生きづらいかも。

■まとめ

「男運が悪い」とか「忙しくて大変」とか「ツラいことばかり」とか……。マイナスイメージの言葉を連発していたら、言霊作用でますますそれが悪化しそう。周囲にいる人間はさらに不幸自慢を聞かされることに。不幸自慢は周囲を不幸にするので気を付けて!

(中澤美紀子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数161件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]