お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

中には斬新なアイデアも!? 接客がウザい店員をこんな”必殺技”で黙らせる方法

ファナティック

ショッピングは自分の好きなペースで、ゆっくり楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。お気に入りの一着を探せるまで、じっくり洋服を比べながら、選びたいものですよね。できれば接客は遠慮したいと思う女性も多いことでしょう。そこで今回は女性のみなさんに、接客がウザい店員の黙らせ方について、お話を聞いてみました。

■見ているだけ

・「『見ているだけなのですみません』と先に謝る」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「『見てるので結構です』と言う」(29歳/金融・証券/営業職)

・「『あ、ごめんなさい、ちょっと見ているだけです』とストレートに伝えちゃう」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

店員さんにもよりますが、一度ついたら離れないケースもめずらしくありませんよね。最初からハッキリと「見ているだけ」ということをアピールすると、離れてくれる可能性は高いですね。

■一人で見たい

・「一人でゆっくり見たいと言います」(31歳/その他/その他)

・「一人で見るのでいいですと言う」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「一人で見たいと伝えるか、離れる」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

店員さんが声をかけてくると同時に、一人でゆっくり見たいことを伝えると、意外に放っといてくれる方もいらっしゃいます。用があるなら自分からかけると伝えておくと、さらに近寄ってきません。

■イヤホンをつける

・「イヤホンをつけて、あまり話しかけられないオーラを出す」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「イヤホンで音楽を聴く」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「イヤホンをして音楽を聴いているフリをする」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

規模の大きなお店の場合、店員さんの数も多いため、断るだけでもひと仕事です。最初からイヤホンをつけておくと、放置しておいてくれる率はグンと上がります。

■ありがとうございます

・「『ありがとうございます』と言う」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「『ありがとうございます』。お礼を言って、別の方向に行く」(30歳/情報・IT/営業職)

・「『ありがとうございます、そのときにはこちらから声かけますね~』と、笑顔で言う」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

店員さんから声をかけられた場合、すぐにお礼を言うのも一つの方法です。露骨に断りの文句を言うよりは、店員さんも嫌な気がしないため、その後の対応にも響いてくるかもしれませんね。

■まとめ

ゆっくり洋服が見たいと思っていても、入店するや否や、すぐに店員さんが近寄ってくるお店もありますよね。お店のマニュアルどおりとはいえ、対応するこちらも、正直疲れてくるものです。笑顔でお断りを入れるのが、大人の対応と言えるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数174件(22歳~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]