お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

そんな姿見たくない! 彼氏が彼女を「オンナ」として見られなくなった瞬間4選

ファナティック

カップル恋人と長く付き合っていると、緊張感がなくなって、ついだらしなくなってしまうことがありますよね? 男性たちはそんな瞬間に、一気に気持ちが冷めてしまうこともあるようです。彼女を異性として見られなくなった、そんな瞬間について、男性たちに語ってもらいました。

太ってきたとき

・「彼女が太ってだらしなくなったとき」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「付き合いはじめてから、ぶくぶく太りはじめた」(26歳/電力・ガス・石油/技術職)

彼がいないときには、見た目を気にして食べ過ぎには気をつけていても、彼氏ができて安定してくると、こんなところも油断してしまいがちですよね? 男性たちは彼女には、付き合いだしたときのまま、いつまでもきれいでいてほしいと思っているんですね。

目の前でオナラをされた時

・「オナラをこかれたとき」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「勢いよくオナラを連発された」(32歳/通信/技術職)

一緒に暮らしていれば、うっかりこんなこともありそうです。「出物腫れ物所嫌わず」と言いますし、我慢しているのはかえって体にはよくないことは分かっていても、そんなところは見たくない、というのが男性たちのホンネのようですね。

男くさくなってきた

・「おやじっぽい行動をしていたとき」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「男くさいところを目撃してしまったとき」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「下着が男っぽいところ」(30歳/自動車関連/技術職)

油断してしまうとつい出てきてしまうのが、こんな部分かもしれません。逆にリラックスして心を許しているから、とも言えるのですが、男性たちにとってはガッカリする瞬間のよう。なかなか油断できませんね。

一緒にいるのが当たり前になったとき

・「ずっと一緒にいすぎているのが、当然になったとき」(28歳/金融・証券/専門職)

・「一緒に生活をはじめたとき」(38歳/通信/技術職)

・「緊張感が徐々になくなってきたとき」(30歳/機械・精密機器/技術職)

一緒に暮らしはじめたりして、いつも一緒にいるのが当たり前になってしまうと、異性として見られなくなってしまう、という意見も。ドキドキした恋愛関係を続けるためには、ちょっとした緊張感を持たせることが大事なのかもしれません。

自分のことを異性として見てもらえなくなることは、女性にとってはやはり寂しいことですし、浮気の心配も出てきますよね? ありのままの自分をさらけ出したい気持ちも分かりますが、あまり油断しすぎないことが大切なようです。時には彼をドキッとさせられるように、密かに女子力を磨いておくのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数116件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE