お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

“クサイ”なんて言わせない! 女性が実践するトイレの「ニオイ」対策3選

ファナティック

公共のトイレで気になることの一つに「ニオイ」があります。不特定多数の人が使うトイレでは、個人個人がエチケットに気を遣うことが大切になります。そこで今回は、公共のトイレを使用するおきの「ニオイ」対策について、教えてもらいました。

香水でニオイをかき消す

・「香水を持ち歩いているので、使用後にひと吹きする」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「知人がいるときは香水などをふる」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

常にポーチに香水を入れている人にオススメの方法です。水を流すだけでは消えないニオイを目立たなくさせるためにはよさそう。あまり強い香りだと不快感を与えることもあるので、清潔感のある香りのものを使用しましょう。

消臭アイテムを使う

・「携帯の消臭スプレーを使う」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「携帯用の消臭アイテムをまく」(31歳/医療・福祉/専門職)

携帯用の消臭アイテムを持ち歩けば大のときでも安心です。やはり専門商品だけあって消臭効果は抜群。香りも無香料やさわやかなものが多いので、不快に感じる人はいないでしょう。特に清潔感を重視する場所ではトイレ内に置いてあることもあるので遠慮せず使いましょう。

ニオイのもとをためない

・「早く流す」(32歳/その他/事務系専門職)

・「一度水を流してから、トイレをするとニオイを半減させることができます」(31歳/その他/その他)

ニオイのもとをなるべく早く流してしまうという方法をとる人も。また、人によっては水を流しながら用を足すという意見も寄せられました。実際にこれでニオイが半減できるとしたら、一番手軽な手段かも!

公共のトイレは不特定多数の人が使うからこそできる限り気持ちよく利用したいもの。自分だけがよければいいという考えの人ばかりではトイレを清潔に保つことはできません。用を足し、トイレを出るときは、次に使う人が快適に利用できるよう心がけたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数121件(22歳〜34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE