お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性たちが「安いコスメを惜しまず使う」理由2つ

ファナティック

ドラッグストアなどで手軽に入手でき、お財布にもやさしく、遠慮なく使えるプチプラコスメを愛用している人も多いと思いますが、一方では抜群の使用感で見ているだけでうっとりする高級コスメが好きという人もいるでしょう。今回は、コスメの選び方について、社会人の女性に聞いてみました。

Q.あなたは、どちらかというとどっち?

「安いコスメを惜しまず使う派」……61.4%
「高いコスメをちびちび使う派」……38.6%

6割以上の女性が、安いコスメを惜しまず使うと回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

<「安いコスメを惜しまず使う派」と回答した女性の意見>

■使うのを躊躇すると……

・「ケチって中途半端なメイクにしたくないから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「化粧水などは多めに肌に吸収させたいので」(29歳/医療・福祉/専門職)

高いからといって使う量を極端に減らすと、本来の効果さえも発揮されないかもしれません。特に化粧水などは、量をケチったところで肌に何らいい影響はないでしょう。「もったいない」という気持ちに勝てないなら、初めから安いコスメを使ったほうが賢明かも!?

■使い切ることが大切

・「早く使い切れると肌にやさしいし財布にもうれしいから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「使いきらなかったらもったいないから」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

コスメは女性に夢を与えてくれるものですが、同時に消耗品でもあります。まして直接肌に乗せるもの、使用期限は守りたいですよね。毎日、ある程度の量を使わなければ期限までに使い切ることは難しいでしょう。

<「高いコスメをちびちび使う派」と回答した女性の意見>

■お金で買える安心

・「安いコスメは後々肌トラブルが起きそうで怖いから」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「安いものは何となく信用できないから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

近年は安全性を重視する消費者が増えています。コスメのように肌から吸収される可能性があるものはなるべく安全なものを使いたいですよね。いい原料を使った高い品質のものはそれなりの値段になってしまいますが、安全に代えられるものはありません。

■使用感に満足

・「なんだかんだ言って高いコスメは使い心地もよくて満足するものが多いのですが、やっぱりもったいなくてちびちび使ってしまうことがあります」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「いいものはいいので」(25歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

高いコスメを使ってみると、発色のよさや上品さ、肌に乗せたときのフィット感など、安いコスメとのちがいを感じることができます。その使用感のよさから、安いコスメには戻れないと思ってしまう人も多いでしょう。

<まとめ>

コスメは価格でよし悪しを決められるものではありませんが、自分に合うコスメを見つけるためにはある程度の投資が必要になります。また、季節や年齢によっても合うコスメが変わることもあるでしょう。肌は一生もの、いくらのものを使っているかではなく、自分の肌に合うものを使っているかが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数176件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE