お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 赤ちゃん肌の法則

女性が語る、顔立ちのよさとは“別に”必要な「美人の条件」3選

ファナティック

顔立ちがいい人は、それだけで「美人だな」と思うのはある意味当然のこと。でも、「美人」を構成する要素は、本当に顔立ちだけなのでしょうか? そこで今回は、女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.「顔立ちのよさ」とは別に、「美人の条件」というのはあると思いますか?
あると思う……75.8%
あると思わない……24.2%

「『顔だちがいい=美人』というわけではなく、ほかの要素もある」と考えている女性が7割を超える結果となりました! では、顔立ちのよさとは別に「美人の条件」には何が当てはまるのか、くわしい意見を教えてもらいました。

■美肌であること

・「肌がキレイだと、清潔感がある」(29歳/自動車関連/技術職)

・「肌がキレイ。肌の質も、美人には関係あると思うから」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「肌がうるおってる」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「肌と髪のきれいさ」(23歳/小売店/事務系専門職)

美肌であれば、それだけで「美人」に見えるという女性意見が多数。たしかに、キレイな肌は見ていて清潔感もあって、好印象。「美人の絶対条件!」と答える人がいるのも納得です。

■上品であること

・「品がある。中身も美しいことが大事だと思う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「品があること。自分の細部まできちんと手入れを怠っていない」(26歳/情報・IT/営業職)

・「清潔感と上品な立ち居振る舞い」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「ファッションセンスがよくて、気品があって聡明な女性」(31歳/医療・福祉/専門職)

品のない女性は、見た目の顔立ちがどれだけ美しくても、「ガッカリ……」という印象をあたえてしまいがち。逆に、上品さを感じる人ならば、洗練された美しさを感じるというものです。

■姿勢がいい

・「姿勢。姿勢が悪いと美人に見えない」(32歳/その他/その他)

・「姿勢とスタイルがよければ、よほどの顔でない限り美人に見える」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「どれだけキレイでも姿勢が悪かったらダメ」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

姿勢は見る人の印象を大きな影響を与えます。猫背など、パッと見て「キレイじゃないな」と感じるような姿勢では、せっかく顔立ちがキレイでも台なし! と考える女性は少なくないみたい。

さまざまな意見が寄せられました! どうやら、本当の美人になるためには、顔立ちのよさとは別に、素肌の美しさ、言動、立ち居振る舞いもなども意識するようにするのが大事みたい。あなたは、顔立ちのよさとは別に「美人の条件」にはどんなものが当てはまると思いますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数153件(22歳~34歳の働く女性)

みんなが読んでる人気記事 赤ちゃん肌の法則