お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 赤ちゃん肌の法則

女性が「ほうれい線」を薄くするためにしていること3選

ファナティック

顔の印象を一気に老けさせてしまう「ほうれい線」。自分では意図せずとも、年齢とともになぜか目立ってくるので、本当につらいものです。この「ほうれい線」、少しでも薄くするべく世の女性はどのようなことを行っているのでしょうか? アンケートで聞いてみました。

■やさしくマッサージ!

・「マッサージしている」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「シワを手でときどき伸ばしています。効果は謎ですが……」(28歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「頬をのばすマッサージをする」(25歳/建設・土木/技術職)

・「美顔マッサージ」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

指先を使って、たるんだ肌をキュッと上向きに、とマッサージをしているという意見が寄せられました。

■スキンケアアイテムをたっぷり!

・「保湿をしっかりする」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「化粧水をぬる」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「エイジングケア効果のあるスキンケア化粧品の使用」(24歳/その他/事務系専門職)

・「アイクリームを、ほうれい線にも塗る」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

ほうれい線が目立つようになる原因のひとつとして乾燥も挙げられます。乾燥対策として保湿をより意識したり、ハリ感をアップさせるエイジングケア用の化粧品を積極的に使う人も少なくないみたい。

■舌を動かすエクササイズ

・「ほうれい線が出ないよう、舌を動かす体操を毎日しています」(31歳/その他/その他)

・「口の中で、舌を使ったエクササイズ」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「顔の筋肉を動かして鍛える」(25歳/不動産/事務系専門職)

表情筋をほぐすことにより、ほうれい線が薄くなることも。口の中からマッサージをする、という人もいますね。テレビを見ながらなど、スキマ時間にぜひ試したいものです!

<まとめ>

ほうれい線が目立たなくなると、それだけで若々しく見えるもの。ぜひ、保湿やマッサージなどをこまめに行い、変わらぬ美しさを保ち続けましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数153件(22歳~34歳の働く女性)

みんなが読んでる人気記事 赤ちゃん肌の法則