お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

きゃ! 危な~! 女性が運転中ヒヤッとしたこと4選

ファナティック

車社会とも言える日本では、連日のように交通事故のニュースを耳にします。ちょっとした判断ミスや操作ミスが大事故につながることも多いですよね。そこで今回は「運転中ヒヤッとしたこと」について、女性ドライバーのみなさんに教えてもらいました!

子どもや自転車の飛び出し

・「イヤホンをしている自転車が急に道路から飛び出してきて、轢きそうになった」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「子どもの飛び出し。子どもは予想外の動きをするので怖い。なるべくスピードを落として通るようにしている」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「右折しようとしたら、後ろからマウンテンバイクに乗ったサラリーマンがヒュッと出てきたとき」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

「自転車の飛び出し」や「子どもの飛び出し」にヒヤッとした、という意見がとても多くありました。気を付けているつもりでも、突然わき道からパッと来られるとびっくりしますよね。特に細い道や通学路では注意が必要です。

ブレーキとアクセルの踏み間違い

・「ブレーキとアクセルを間違った」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「アクセルとブレーキを踏み間違えたことがある」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「ブレーキとアクセルを間違えてしまいヒヤッとした」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

交通事故のニュースでもよく聞く「ブレーキとアクセルの踏み間違い」という意見もありました。止まるつもりで踏んだのにすごいスピードが出ると、かなり焦りますよね。イヤな汗をかいてしまいます。

夕方や暗いとき

・「暗闇から飛び出してきた猫」(26歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「暗いときに、歩行者に気付かずに進みそうになった」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「夕方に車線変更したら、見えづらい角度のかなり近い位置に車がきていて、ぶつかるかもしれなかった」(31歳/医療・福祉/専門職)

夕方や夜間は、車を運転する人にとっては魔の時間です。猫や歩行者がいても暗くて見えなかったり、夕方の微妙な薄闇で車線変更したら車がいてぶつかりそうになったなど、運転する時間帯にも気を付けたいところですね。

ほかの車が……

・「前の車が急停車してヒヤッとした」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「反対車線の車が、センターラインを越えそうになりながら、蛇行していたとき」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「急な車線変更で無理やり入ってこられたときは、本当にぶつかりそうになった」(29歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

ほかには「前の車の急停車」や「反対車線の車が蛇行」「急な車線変更」という意見がありました。自分以外の車の挙動でヒヤッとすることも多いようです。運転中は常に、まわりの車のこともよく見ておくのが重要ですよね。

まとめ

子どもや自転車の飛び出し、ブレーキとアクセルの踏み間違い、夕方や暗いときの見落とし、ほかの車の挙動など、女性が「運転中ヒヤッとしたこと」にはいろいろな場面がありました。車は見方を変えれば「走る凶器」でもあります。事故を起こさないためにも、運転するときにはまわりの状況などにいつも以上に気を配るのが大事ですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数138件(22~34歳の働く女性)

 

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE