お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

今からでも遅くはない! アラサー女子が、これから勉強したいと思ってるコト3選

ファナティック

学生時代は嫌というほど勉強する時間があったのに、どれだけサボるか、ラクをするかに一生懸命になっていた。社会人になってから「もったいないことをした」と後悔している人は多そうですが、もしもう一度学校に通えるのならどんなことを勉強したいですか? 今回は、社会人女性たちが「勉強してみたい」と思っている分野について聞いてみました。

語学を勉強したい

・「アラビア語を勉強したい。特に何に役立つわけではないけど、読めたら楽しいかも?と思って」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「英語を勉強したい。大学までずっと勉強していたけど、社会人になってからほとんど役立ってないし、むしろ語学力が落ちてきているから。もう一度勉強して留学したい」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「英語を勉強してグローバルな大企業で活躍したい」(25歳/医療・福祉/専門職)

一部の企業では日本国内にありながらも公用語になっている「英語」。中学生から大学生まで勉強していたはずなのに、日常会話すらままならないという人は多いですよね。学校に通えるのならしっかりと英語を勉強して仕事にも活用したいというのは、働く女性の切実な願い。趣味程度なら、ニッチな言語であるアラビア語が読めるというのもプチ自慢にはなりそうです。

手に職をつけたい

・「パティシエの道を歩める学校に通いたいと考えたことがある」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「ワーママでも上手に働けるように手に職をつけられる資格が欲しい」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「一生ものの資格を身につけたいので、薬学系が気になっている」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「理学療法士。専門資格だし就職に強そうだから」(27歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

一生ものの資格を身につけたい、手に職をつけたい。そのためにパティシエや薬学系の勉強ができる学校に通いたいという女性もいるようですね。専門的な資格を持っていれば就職にも有利だし、お給料も良さそう。働くままに有利な条件で仕事を探すには、やっぱり何かしらの資格は不可欠ですよね。

ビジネスに役立つ勉強をしたい

・「ファイナンスかマーケティングのMBAを取得したい」(28歳/電機/事務系専門職)

・「ビジネス上の人間関係構築に役立つ心理学」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「会計学。企業分析ってどこでも使えるし、強みになるから」(25歳/金融・証券/事務系専門職)

どうせ勉強し直すのなら社会人としても使えるスキルを身につけたい。そう考えている女性たちは、ビジネスに役立つマーケティングや会計学、職場のコミュニケーションにも役立つ心理学を勉強したいと思っているようです。こういう知識があるだけでも働く上での強みになりますよね。

学生時代にもっと勉強しておけば良かった、社会人になってから重要性がわかったという知識や資格は色々。結婚や出産、育児によるブランクがあっても復帰しやすいように専門的な資格を取得したい、手に職をつけたいと思っている女性も多そうですね。ビジネスに直結するようなMBAや会計などの知識も、職場で認めてもらうためには重要なスキル。勉強を始めるにはいつからだって遅すぎることはないはずなので、少しずつでも将来に備えた勉強をしてみるのも良いと思いませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数244件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]