お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 赤ちゃん肌の法則

時の流れには逆らえない!? 「私、老けたな……」と思う瞬間3選

ファナティック

どんなに若さを保とうと思っても、年齢を重ねれば重ねるほど、人は変化していきます。ふと、「老けちゃったなぁ……」と悲しく思った瞬間、大人の女性ならば、一度はあるのではないでしょうか? 今回は、女性のみなさんに「私、老けたな……」と思った瞬間について教えてもらいました。

■お肌が……

・「クマが昔よりひどくなってきたとき」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「夕方になって鏡を見るとほうれい線に沿ってうっすら固まったファンデーションを見たとき」(25歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「シミが出てきた」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「フェイスラインがたるんできたのと目の下のクマがなかなか取れない」(32歳/不動産/専門職)

毎日鏡で見るお肌の衰え。ぞっとしますね……。毎日のケアは欠かさないようにして、少しでも肌の衰えを感じさせないような美肌を目指していきましょう。

■体力が……

・「階段を上ると疲れるので、老けたなと思う」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「風邪が治りにくくなってきたとき」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「朝起きてもスッキリしないことが増えたとき」(31歳/金融・証券/専門職)

・「オールできなくなった」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

まだ大丈夫、と思っても、もうないのが体力。学生のころと同じノリはもう通用しなくなってくるんです。

■服装が……

・「若めな服が似合わないとき」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「少し前に買ったラブリーなワンピースが似合わなくなっていた」(30歳/医療・福祉/専門職)

好きな服を着ればいい、とは言うけれど、年齢相応の服、というのはあります。若さがないと着られない服って少なくないですよね……。

「老い」は誰しも感じる身体の変化。それを遅らせるか、早めるかは、その人の日々の生活次第です。「私、周りの同世代より老けてる気がする……」という人は、一度自分の生活を見直してみたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数135件(22歳〜34歳の働く女性)

みんなが読んでる人気記事 赤ちゃん肌の法則