お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

オンナ慣れしてるな~。と思った男性の行動&言動4選

ファナティック

ちょろいね男性とデートに行くのなら、できればスマートにエスコートしてもらいたいもの。でも実際にそれをやられると、オンナ慣れしていると感じがしまうものではないでしょうか。今回は女性のみなさんに、オンナ慣れしている男性の言動について聞いてみました。

ボディタッチが自然な人

・「自然にボディタッチする」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ボディタッチが慣れてる」(27歳/電機/営業職)

・「ボディタッチをしてきたり、下の名前で呼ぶなどの仕草を照れもせずにできる」(32歳/金融・証券/営業職)

さりげなくボディタッチをしてくると、女性に慣れているな~と感じてしまうものです。ガツガツした感じではなく、あくまでもさりげなく触ってくるのが、オンナ慣れした男性のボディタッチです。

レディーファーストが上手

・「レディーファーストがさりげない」(32歳/その他/事務系専門職)

・「レディーファーストに違和感がない人」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「レディーファーストがやけにうまくて自然な人。そうとうの場数を踏んでいるのかもと思う。女性が喜びそうな話題を熟知している人」(24歳/食品・飲料/専門職)

レディーファーストが上手な男性は、日本ではあまり存在しないのでは?と思われるほど、あまり見かけることはありません。自然にこれをこなせる人は、とても女性の扱いに慣れているのではないでしょうか。

さらっと褒めてくれる人

・「きれいだね、美人ですね、というようなことを軽く言ってしまう」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「さらっと、かわいいよね、とか言ってくる」(23歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「女性への褒め言葉やお世辞がうまい」(28歳/機械・精密機器/技術職)

女性に対して、恥ずかしげもなく褒め言葉をいってくれるのが、オンナ慣れした男性です。いやらしい感じではなく、女性が喜ぶツボをしっているため、ほとんどの女性がいい気になってしまうものです。

喜ぶツボを知っている

・「女の人が喜ぶことを自然に言ったりしてくれたりする」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「女の子が喜ぶ言葉とか行動を知っていて、それをスムーズにできる人」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「女の人が喜ぶことを知っている」(28歳/ソフトウェア/技術職)

何をすれば女性が喜ぶかをピンポイントで知っている男性は、そうそういらっしゃいません。押しつけがましくではなく、さりげなく実行してあげるのがポイントになっているのでは。

一人の女性に対し、優しい言葉や行動をしてくるのは分かりますが、何人もの女性に対し、同時にそれができるのは、ある種の才能かもしれませんね。女性の扱いが上手な男性が、もっと世の中に増えてくれればいいのですけれどね。とはいえ、誠実で不器用な男性にもまったく別の魅力があるので、両者とも女性にとっては、やはり必要な存在なんですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数230件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]