お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

生理中、彼氏にされるとうれしいこと4つ

ファナティック

つらいことも多い生理中には、彼への要求も多くなりがちです。しかし、生理経験がない男性にとっては、理解できないことも多いようで……。男女間には、深い深い溝があると言えるでしょう。こんなときには、「生理中はこんな風に接してほしい!」という希望を、ストレートに伝えるのが吉! 働く女性たちの本音をアンケートで聞いてみました!

生理中に彼にしてほしいこと

1.デートプランの変更

・「外出は控えて家でのんびり過ごしたいです。ナプキン交換のタイミングがあるので。トイレにこもっていても気にしないでほしいです」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「インドアのデートをしたい。外だと冷えて急におなかが痛くなるから」(31歳/金融・証券/専門職)

いくら口では「大丈夫」と言っていても、大丈夫ではないのが彼女の本音! アクティブ系のデートを企画していても、変更してくれるほうが女性としては助かります。気遣いを持って接してくれたら、2人の愛もさらに深まるはず!?

2.マッサージや食事のサポート

・「おなかをいたわってやさしく撫でてほしい。守られていると感じるので」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「マッサージ。腰が痛くなるのでやさしくさすってほしいから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「スープなど体が温まるものを作ってほしい」(29歳/医薬品・化粧品・事務系専門職)

こちらは、さらに具体的な行動を求める意見です。おなかをなでてほしかったり、体が温まるような料理を作ってほしかったり……。ただ、具体的に言わないと男性はわからない可能性が高いので、「こうしてほしい」とストレートに伝えましょう。

3.受け流してほしい

・「精神的に情緒不安定になりやすいので、生理中の言動はあまり気にしないでほしい」(33歳/その他/クリエイティブ職)

何かと不安定になりがちな生理中には、おかしな言動だって付き物です!? どうか本気になり過ぎず、大人の立場で受け流してほしい、という女性も。ワガママに思えるかもしれませんが、これが女性側の本音です。

4.放っておいてほしい

・「あまり話しかけないでほしいです。些細なことでイライラするのでそっとしておいてほしいです」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「ちょっかい出さないでほしい。おしり触らないでほしい」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「放っておいてほしい。キレやすいので、ひとりにしてほしい」(28歳/機械・精密機器/技術職)

どれだけ彼ががんばって気遣ってくれたとしても、それさえもイライラ! これが生理中の特徴です。愛を持って突き放すことこそが、平和に過ごすためのコツなのかもしれません。

まとめ

愛し合っているからといって、すべてが伝わるとは限らないのが、現実です。余計なトラブルを避けるためにも、こんな希望はぜひはっきりと彼に伝えてみてください。彼に気付きを促せるかも……?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数224件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]