お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

夢は新築一戸建て! 将来結婚したら家を買おうと思っている男性は●%

ファナティック

男性なら、いつかは将来マイホームを持ちたいと、夢みているものではないでしょうか。一方、女性のほうも、できればマイホームに住みたいという憧れを持っている方も少なくありません。結婚するのなら、やっぱりそれぐらいの甲斐性があってほしいものですよね。そこで今回は、将来結婚したら、家を買おうと思っているものなのか、男性に聞いてみました。

Q.将来結婚したら、家を買おうと思っていますか?

・はい……61.0%
・いいえ……39.0%

およそ6割以上の男性が、いつかはマイホーム!と夢見ているようです。頼もしいですね。どのような意見だったのでしょう。

<買う>

■夢だから

・「やっぱり夢かな」(38歳/商社・卸/事務系専門職)

・「家族で一軒家に済むことが夢なので」(28歳/情報・IT/技術職)

・「マイホームは夢なので」(33歳/機械・精密機器/技術職)

マイホームは男性にとって、一生の夢であることが多いようです。最近は男性が弱くなってきたと言われますが、男に生まれたのなら、いつかは結婚し、自分の城を持ちたいと思う男性は、まだまだ多いみたいですね。

■やっぱり欲しい

・「自分の城が欲しいから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「自分たちだけの特別な空間が欲しいから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「マイホームが欲しいから」(30歳/自動車関連/技術職)

自分だけのお城が欲しいと思う男性も少なくありません。いつまでも狭い賃貸で住むよりは、いつかはでっかいマイホームで、くつろぎたいと思っている男性も多いのではないでしょうか。

<買わない>

■転勤が多い

・「転勤が多い仕事だから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「転勤が多いので。子供が生まれたら考え直すかもしれないけど」(38歳/電機/技術職)

・「転勤の可能性が高いうちは買えない」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

男性の仕事内容によっては、マイホームを建てたくても建てられない状況にある方もいらっしゃるようです。公務員や大手企業などの場合、転勤がとても多いため、一カ所に決めて家を建てられないといった、厳しい現状のようです。

■お金がない

・「お金がないから」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「買えるお金がなさそうだから」(39歳/情報・IT/技術職)

・「そんな余裕がないから」(24歳/機械・精密機器/その他)

最近では日本の経済も上昇してるとは聞きますが、恩恵を受けているのはごく一部の人だけ。実際にはマイホームどころか、結婚すら危ぶまれているのではないでしょうか。

結婚したらマイホームの購入も、現実にしたいと考えている男性は少なくありません。最近では新築はもちろん、中古物件などをリノベーションして、マイホームを購入する夫婦も増えています。いろんな形のマイホームを選ぶことができますので、そのときがくれば考えましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数195件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]