お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

バカやってる(涙) 私って、オトコを見る目がないなと落ち込んだエピソード11

ファナティック

バカやってる好みのタイプというのはそう簡単に変わらないので、好きになる男性のタイプが似ているというのは当然のこと。でも、それが付き合うと後悔してしまうような男性なら「そろそろ学習しようよ」と自分に説教したくなっちゃいますよね。今回は「男を見る目がない」と落ち込んでしまった女性のエピソードを集めてみました。

■ルックス重視で失敗つづき

・「最初はルックスだけで見ていましたが、ルックスがよくても中身がないと最悪です」(31歳/その他/その他)

・「昔は、見た目重視で好きになっていたため、性格を知って幻滅することが多かった」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「若い頃は顔だけいい男に言い寄られてその気になって、振り回されたりした」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「顔に惹かれて付き合ったが、中身は不細工で器の小さな男だった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

ルックス重視で付き合う相手を選んでいたら性格を知って幻滅させられたり、付き合っている間中振り回され続けたという女子もいるようです。顔が好みだとどうしても好きになるのは止められませんが、それだけで付き合うと決めてしまうと後悔することも多いみたいですね。

■性格に問題のある男性を選んでしまう

・「単なる優柔不断と優しさを取りちがえたことがある」(27歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「昔は面白い人が好きだったけれど、すぐ遊ばれて長続きしなかった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「結婚するつもりだったのに浮気された、私を悲しませる人だということが見抜けなかった」(32歳/その他/その他)

・「主人の前に付き合っていた人はマザコンだった」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

優しい人だと思ったらただの優柔不断な人だったといった具合に性格的に問題のある男性ばかりを選んでしまうという女性もいます。女癖が悪くて浮気を繰り返すような人と結婚寸前までいったという女性もいますが、結婚前にそれがわかったという点だけは幸せだったかもしれませんね。

■まわりに止められても、ダメンズに走ってしまう

・「女ともだちが止めたほうがいいという、世間でいうダメ男ばかり選んでしまう」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「付き合っている人とのエピソードを話すと、友人から『それはない!』と言われることが多い」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ダメ人間だなとは思いつつも、自堕落だったりギャンブルにハマっている男性を好きになってしまう」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「あの人は止めたほうがいい」とまわりの人から言われてしまうような男性ばかりを好きになってしまう女性もいるみたいです。いわゆるダメンズ好きの女性は、世話好きで姉さんタイプの人が多いようですが、そういう人の面倒を見ている自分のことが好きだったりもするので直すのは難しいかもしれませんね。

男を見る目がないと自分で認めてしまうのは悔しい気もしますが、実際に今まで付き合った相手はロクな男性じゃなかったと思い返してみると納得せざるを得ないもの。そのときは「この人しかいない」と思ってしまうのでしょうが、そこで周りの人のアドバイスを素直に聞いたり、自分自身でもう一度考え直したほうがいいのかも。何度も同じことを繰り返すのは時間ももったいないし、もっといい人との出会いを逃してしまう原因になるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数215件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]