お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今は我慢しなきゃ! 人前で泣きそうなときの対処法4選

成瀬瑛理子

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

社会人であれば、つらくても人前で泣けない場面は少なくないもの。とはいっても、時には我慢できないほどすぐそこまで涙が……という瞬間も。そんなとき、どうやって対処しているのか働く女子に聞きました。

思いきり自分にビンタ

「彼氏と別れ話に……。お互い納得して別れることにしたものの、どうしても悲しくて泣きそうになってしまった。しかしここで泣いたら彼を困らせてしまうと思って、自分の顔に一発ビンタ。おかげで涙は止まったけど、彼は思いっきり引いていた(笑)」(26歳/広告)

ずいぶんたくましい対処法ですが、彼のことを考えた心のうちを思うと切ないですね……。

呼吸を止める

「上司に怒られている間はずっと息を止めている。息が苦しくなって泣くどころじゃなくなる」(27歳/金融)

悲しさや悔しさよりも息ができない苦しさのほうが勝ってしまうとのこと。涙をこらえるのに命がけです。

水をガブ飲み

「泣きそうなときは水をたくさん飲むようにしている。水分をとった分だけ涙が出る、というわけでもなく気が紛れるのか意外におさまる」(29歳/食品)

「ガムを噛む」(27歳/教育)という人もいるように、何かを口にすると気分を紛らわすことができるようです。

つま先立ち

「バレエの要領でつま先立ちをする。集中していないとすぐにグラグラしてしまうので、涙なんてすぐに忘れる」(27歳/人材)

意識がつま先にいくことで、泣きそうになった原因から気をそらすことができるのかもしれません。はたから見ると半泣きでバレエをしている怪しい人ではあるのですが……。

体を動かしたり、意識をほかに移したりすることで耐えられるのかもしれませんね。なかには人前で泣かないために、かなり荒っぽい方法をとっている人も。あなたは人前で泣きそうになったとき、どう対処していますか?

※画像は本文と関係ありません

(成瀬瑛理子/プレスラボ)

成瀬瑛理子

1989年横浜市出身。編集プロダクション・プレスラボ所属。出版社、広告代理店の営業を経て念願の編集・ライターに転身。ガッチリした筋肉の人が好きで、水泳やアメフト観戦が趣味。女子校育ちゆえに同性の友達とつるむことが多く、女子の中で話題になる旬の恋愛・美容ネタが得意です。

この著者の記事一覧 

SHARE